元KAT-TUN田中聖 誹謗中傷に法的手段も検討 ファイト企画けがで辞退

元KAT-TUN田中聖 誹謗中傷に法的手段も検討 ファイト企画けがで辞退

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/26
No image

元KAT-TUNの田中聖(2017年撮影)

RIZINフェザー級の朝倉未来(29=トライフォース赤坂)とのファイト企画「朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円」をけがのため辞退した元KAT-TUN田中聖(こうき、36)が25日、インスタグラムを更新し、SNS上に誹謗(ひぼう)中傷が寄せられているとした上で、法的手段も検討していることを明かした。現在は診断書の発行待ちの状況であることもつづった。

田中は書面をアップし、冒頭「ご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と謝罪。欠場について「すぐにでもYouTubeなどで動画をあげるつもりだったのですが、診断書のない状態での動画では意味がないと判断をし、現在診断書を発行してもらっています」と事情を説明し「診断書の発行にも時間がかかるため、動画を出すタイミングが遅くなっている状況です。申し訳ありませんが今しばらくお待ち下さい」と理解を求めた。

また、ダイレクトメール(DM)で「たくさんの意見をいただいております」との現状も報告。「賛否両論、自分への厳しいご意見は真摯に受け止めますが、誤解と気付かず『死ね』『殺す』などの過度な誹謗中傷、関係のない家族への誹謗中傷に関しましては、弁護士と相談をし、法的手段を取らせていただきますのでご了承ください」とつづった。

田中は20日にABEMAで行われた同企画への参加を、事前の番組で表明していたが、試合当日に「田中さんより『怪我のため出場を辞退したい』と申し出があったため欠場となります」とABEMAを通じて発表していた。朝倉は「会津伝説のけんか屋」久保田覚(25)、元タレント後藤祐樹(35)、キックボクサーのモハン・ドラゴン(44=ネパール)の3人に3連勝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加