【ワイドショー通信簿】ワクチン不足で接種が遅れる! 生産力下がり世界で争奪戦、専門家は「日本は後回し...」(モーニングショー)

【ワイドショー通信簿】ワクチン不足で接種が遅れる! 生産力下がり世界で争奪戦、専門家は「日本は後回し...」(モーニングショー)

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/02/22

新型コロナウイルスのワクチン確保が難航しそうな気配だ。きのう21日(2021年2月)には米国ファイザー社のワクチンを積んだ第2便が日本に到着したが、第3便以降のスケジュールは未定だ。接種の予定も「おそらく少しずつずれていくんだろう」と司会の羽鳥慎一が気をもんだ。

河野太郎・担当相はきのう、ヨーロッパにあるファイザー社の工場が拡張工事のため生産力が下がり「4月までは供給量が限られる」として、接種スケジュールについては「今週中にある程度の決断をしなければならない」とも語った。

2回接種必要なのか、1回接種の議論も

早い話がワクチン不足で接種遅れということだ。これまで2回接種が必要といっていたのを1回でもいけるかとの話まで出始めた。日本医科大学の北村義浩・特任教授は「世界的に見れば争奪戦になっている。日本は後回しでいいとの議論が今後は増えるだろう」という。

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「政府がワクチンには認証が必要としていたのは、儀式に過ぎなかったのではないか。その間に世界中が承認して打っていた」

政府はタカをくくっていたのか、要領がわるいというだけではすまされない。

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加