大雪のおそれなくなるも交通障害・水道管凍結に注意 鹿児島県内

大雪のおそれなくなるも交通障害・水道管凍結に注意 鹿児島県内

  • MBCニュース
  • 更新日:2023/01/25

鹿児島県内では大雪のおそれはなくなりましたが、積雪や路面凍結による交通障害、水道管の凍結などに注意が必要です。

この冬一番の強い寒気の影響で、薩摩地方を中心に25日あさにかけて大雪となりました。鹿児島市東郡元町の鹿児島地方気象台では、25日午前1時に最大4センチの積雪を観測しました。

気象台によりますと、薩摩、大隅地方にかかっていた雪雲は県内から離れつつあり、大雪のおそれはなくなりました。県内に出されていた大雪注意報も午前7時半すぎにすべて解除されましたが、気象台は、薩摩地方では、積雪や路面凍結による交通障害に注意を呼びかけています。

薩摩、大隅地方では、26日にかけて気温が平年よりかなり低く、10年に1度程度の低温となる見込みで、薩摩川内市甑島を除く薩摩、大隅地方の全域に低温注意報が発表されています。水道管の凍結や、農作物・農業施設の管理に注意が必要です。

また、海上では、薩摩、大隅、種子島・屋久島地方で25日夕方にかけて最大4メートル、奄美地方では25日夜遅くにかけて最大5メートルのしけが続く見込みです。高波にも注意してください。

No image

大雪のおそれなくなるも交通障害・水道管凍結に注意 鹿児島県内

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加