4機の獣戦機による究極の変形合体を実現する「THE合体 HAGANE WORKS ダンクーガ」降臨!大張正己氏の最新画稿を忠実に立体化

4機の獣戦機による究極の変形合体を実現する「THE合体 HAGANE WORKS ダンクーガ」降臨!大張正己氏の最新画稿を忠実に立体化

  • HOBBY Watch
  • 更新日:2022/01/15

【THE合体 HAGANE WORKS ダンクーガ】

2022年内 発売予定

価格:未定

No image

「メカスマインパクト」の新作公開ムービーの最後に披露されたのが、この「THE合体 HAGANE WORKS ダンクーガ」だ。「THE合体」と、「HAGANE WORKS」のダブルネームで企画中のアクションフィギュアとなる。

No image

「メカスマインパクト」の展示コーナー。ダンクーガ本体と、変形するメカの複数のモードの試作品が展示された

No image

「THE合体 HAGANE WORKS ダンクーガ」。2022年内発売予定。価格は未定

1985年に放映された「超獣機神ダンクーガ」の主役メカ「ダンクーガ」。葉月孝太郎博士によって作られた4体のメカが変形・合体することで完成する、全長34mを誇る巨大ロボットだ。頭部となる「イーグルファイター」、左脚となる「ランドクーガー」、右脚となる「ランドライガー」、そして胴体と四肢になる「ビッグモス」からなり、それぞれは兵器型のビークルモード、獣型のアグレッシブモード、人型のヒューマロイドモードの3種類の形態へと変形する機構を備えている。

No image

「超獣機神ダンクーガ」のメカニックデザイナー大張正己氏による最新の画稿を元にしたデザインで開発中

No image

試作品ながら、細部までしっかりと作り込まれている

No image

ガンメタルに塗装された部分に金属パーツが使われるのだろうか!?

No image

ランドライガーとランドクーガーによって構築される脚部

No image

ダイガンも合体機構を再現するとのこと

No image

断空剣ももちろん付属する

この「THE合体 HAGANE WORKS ダンクーガ」は、大張正己氏の最新の画稿に合わせたデザインを元に、「THE合体」の「完全合体」の実現と、「HAGANE WORKS」の「合金」の素材を採用した、究極のアクションフィギュアとなる。「メカスマインパクト」の会場には、4機の獣戦機のアグレッシブモードとヒューマロイドモード、そして合体後のダンクーガの試作品が展示されていた。

No image

それぞれのヒューマロイドモード。プロポーションはかなりいい

No image

塗装された状態のイーグルファイター。かなり細かな変形が実現される模様

No image

ランドクーガー。ダンクーガの左足となる

No image

ランドライガー。こちらはダンクーガの右足となる

No image

ビッグモス。最も大きな獣戦機で、ダンクーガの胴体と四肢になる

1月14日に披露された新作公開ムービーで完全変形のプロセスが披露されたイーグルファイターを筆頭に、それぞれが劇中の設定に近い姿で立体化されている。これらが変形合体することで、全高400mm以上ありそうな巨大なダンクーガとなるのだ。また同ムービーでは、ダンクーガの肩の複雑な変形機構もフィーチャーされていた。

No image

イーグルファイターはアグレッシブモードでは鷹の姿となる

No image

アグレッシブモードのランドライガーはライオンの姿だ

No image

アグレッシブモードは豹の姿になるランドクーガー

No image

アグレッシブモードのビッグモスはマンモス。どれもスタイリッシュにまとまっている

期待の要所には合金を使用することも明らかにされ、そのビッグサイズから、重量感もかなりのものとなるはず。究極をうたうにふさわしいダンクーガは、2022年内の発売を目指して現在開発が進行中。続報に期待せよ!

【『メカスマ生放送★インパクトSP』~第一夜~ イチオシ最新作をバリっとご紹介します!】

1月15日19時 放送開始

【『メカスマ生放送★インパクトSP』~第二夜~ ヲタファと回るインパクト展示会!】

1月16日21時15分 放送開始

© DANCOUGA Partner

稲元徹也

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加