「とくダネ!」3・26で終了 フジ朝の看板22年で...小倉智昭「次世代に席を譲る時が来た」

「とくダネ!」3・26で終了 フジ朝の看板22年で...小倉智昭「次世代に席を譲る時が来た」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/14

フジテレビの情報番組「情報プレゼンター とくダネ!」(月~金曜前8・00)が3月26日をもって終了することが12日、同局から発表された。1999年4月のスタートから22年。MCの小倉智昭(73)は「皆さんが私を支えてくれました」と感謝の言葉を寄せた。

No image

フジテレビ「情報プレゼンター とくダネ!」に出演する(左から)山崎夕貴アナウンサー、小倉智昭氏、立本信吾アナウンサー

同番組は従来主流だったVTR主体のワイドショー方式ではなく、スタジオでボードを使ってニュースを解説する方式を導入。政治・スポーツなど扱うジャンルも幅広く、現在各局で制作されている情報番組の礎となった。16年7月には放送回数が4452回に達し「同一司会者による全国ネットのニュース情報番組」での放送回数最多記録を更新した。

平日午前8時は各局がしのぎを削る激戦区。開始当初は日本テレビ「ルックルックこんにちは」、TBS「はなまるマーケット」などの人気番組と熾烈(しれつ)な争いを繰り広げ、00年代には民放1位の座に輝いた。ただ、近年は苦戦。テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」、NHK「あさイチ」の“2強”を追い掛ける立場となり、日本テレビ「スッキリ」も躍進。4位となることもあった。今回の番組終了について同局関係者は「コロナの影響で広告費が減り、情報番組の制作費も減る中、苦渋の決断だった」と明かした。

小倉は「全てをやり遂げてはいませんが、そろそろ次世代のキャスターに席を譲る時が来たようです」と後進に期待。「私個人としては、まだ心が動かされるものがたくさんあります。それらに時間を費やしながら、許されるならマイクの前に立ちたい」と何らかの形で情報番組に携わっていきたいとの思いをのぞかせた。

同局によると、詳細は調整中だが後番組もニュースを扱う情報番組になるという。4月からはTBSも「グッとラック!」の後継として、麒麟・川島明(41)がMCの新番組をスタートさせる。ますます白熱する“8時戦争”に注目が集まる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加