福士蒼汰「神様のカルテ」初の医師役に闘志「知識や心構え追求していきたい」

福士蒼汰「神様のカルテ」初の医師役に闘志「知識や心構え追求していきたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/17
No image

初の医師役を演じる福士蒼汰

俳優の福士蒼汰(27)が、テレビ東京系スペシャルドラマ「神様のカルテ」に主演することが16日、分かった。2011、2014年に嵐の櫻井翔(38)主演で映画化された人気小説を、来年1月クールに2時間枠を4本、計8時間という同局初の大型企画としてドラマ化。俳優デビュー10年目の節目を迎えた福士が、新境地となる初の医師役を演じる。

放送中のフジテレビ系「DIVER-特殊潜入班-」でダークヒーローの潜入捜査官を演じる福士が、今度は心優しき内科医となる。

原作は現役の医師で作家の夏川草介氏が執筆する、地方病院の医師が成長する姿を描いた累計330万部超えの人気シリーズ。「神様のカルテ」「-2」「-3」「新章 神様のカルテ」の4作の原作を基に2時間スペシャルを4本続けるという勝負作だ。同局初の試みという。

常に医師が不足している信州・松本の「24時間・365日対応」の病院で奮闘する主人公・栗原一止(いちと)は、夏目漱石を愛するがゆえ古風な言葉遣いをする変わり者。映画版2作合計で興収30億円近い結果を残した櫻井のイメージが強いキャラクターだが、プロデューサーの田辺勇人氏は「医療ドラマのリアリティーの中で、実直で少し寓話(ぐうわ)的なキャラクターを演じきれるのは、優しさや温かい雰囲気の中に意志の強さを持つ福士さんだと思い、オファーさせていただきました」と説明した。

テレ東ドラマ初出演。デビュー10年目の節目に新境地に挑む福士は、12月のクランクインに向けて、これから医師の指導を受けるなど役作りを進めていく。年明けから大作の顔となるだけに気合十分で「いつか医者という役に向き合ってみたいと思っていましたので、お話をいただいた時、とてもうれしかったです。専門的な職業ならではの難しさは計り知れませんが、医療についての知識や心構えなど追求していきたいと思います」と燃えている。

映画版で宮崎あおい(34)が演じた妻・ハルとの夫婦愛も見どころの1つだけに、追加キャストの発表が注目される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加