中3刺殺 生徒の死因は腹部刺され出血性ショック

中3刺殺 生徒の死因は腹部刺され出血性ショック

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/11/25
No image

動画を見る(元記事へ)

包丁で刺されて死亡した男子生徒の死因が25日午後、判明しました。

24日、愛知県弥富市の中学校で3年の男子生徒が同級生の男子生徒に包丁で刺されて死亡した事件で、25日に行われた司法解剖の結果、死因は腹部を刺されたことによる出血性ショックであることが確認されました。

凶器として押収された刃物は長さ約35センチ、刃渡り約20センチで、警察は刃物の入手経路や学校に持ち込んだ方法などを詳しく調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加