ワンチャンスで先制した福岡が3連勝、浦和は守備崩せず/福-浦12節

ワンチャンスで先制した福岡が3連勝、浦和は守備崩せず/福-浦12節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/01
No image

福岡対浦和 前半8分、福岡のFWブルーノメンデスはゴールを決める(撮影・屋方直哉)

<明治安田生命J1:福岡2-0浦和>◇第12節◇1日◇ベススタ

アビスパ福岡が3連勝を飾った。

序盤から浦和レッズがほぼボールを支配したが、防戦一方の福岡がワンチャンスで先制した。前半8分、ペナルティーエリアへのロングボールを浦和GK西川周作(34)がいったんキャッチしながら味方と交錯してこぼした。そのボールをFWブルーノメンデス(26)が拾い今季2点目を決めた。浦和は3連続CK失敗など精度を欠いた。

後半は浦和ペースだったが、福岡の組織守備を崩せず、流れは福岡に。同41分、FWジョン・マリ(28)の移籍後リーグ戦初ゴールで突き放した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加