なでしこ遠藤 待ちわびた五輪のピッチ「目指していた舞台に立てた」

なでしこ遠藤 待ちわびた五輪のピッチ「目指していた舞台に立てた」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/24

◇東京五輪 女子サッカー1次リーグE組 日本1―1カナダ(2021年7月21日 札幌ドーム)

No image

<日本・カナダ>後半、競り合う遠藤(右)(撮影・西海健太郎)

遠藤は後半17分から左MFでプレーし、果敢にゴールを狙った。各年代でエースとして世界大会を経験し、19年のW杯フランス大会にもメンバー入りを果たした期待の21歳。A代表18試合目となったこの日、待ちわびた五輪のピッチに立った。

「目指していた舞台に立てた」と喜びを口にした一方、結果は残せず。「どのポジションで出てもやることは変わらない」と次こそは得点でチームを勝利へ導く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加