登場から20年、高級ミニバンの新時代を切り開いた『アルファード』の魅力【懐かしのカーカタログ】

登場から20年、高級ミニバンの新時代を切り開いた『アルファード』の魅力【懐かしのカーカタログ】

  • レスポンス
  • 更新日:2022/09/23
No image

トヨタ アルファードG(初代)

もっと画像を見る

2022年1~6月の乗用車販売台数で『アルファード』は何と7位だった。2015年登場ながらの健闘ぶりだ。そんな人気ぶりの原点であり、ちょうど20年前の2002年に登場した初代を今回は振り返ってみたい。

日産『エルグランド』に対抗すべく仕立てられた

No image

それまで『グランビア』『ハイエースレジアス』『グランドハイエース』『ツーリングハイエース』とあったトヨタの上級ミニバンを統合する形で登場した初代『アルファードG/V』。当時FFに一新された2代目『エスティマ』とベースを共用して誕生したモデルでもあった。

また1997年に日産から登場した『エルグランド』に対抗すべく仕立てられたモデルでもあり、何と2代目『エルグランド』とは同じ2002年5月の登場だった。以来、市場で絶大な人気を誇り、今に至っているのはご存知のとおり。

ちなみに当初はトヨペット店向けの『アルファードG』とビスタ店向けの『アルファードV』が用意され、後者が『ヴェルファイア』へと発展したのは2代目からだった。

高級ミニバンの新時代を切り開いたアルファード

No image

写真のカタログ2005年4月のマイナーチェンジ時のものだが、いずれにしても立派な外観と豪華な室内をストレートに訴求したものとなっている。全長×全幅×全高は4840×1805×1935mmと実にボリューム感のあるもので、そのボディに大型のメッキグリルとヘッドランプを組み合わせ、威風堂々とした“面構え”は何といってもインパクトがあった。

その一方で、スライドドアのレールをリヤクォーターウインドゥの下端に目立たせずに組み込むなど、見た目の質感にも配慮した点は、いかにもトヨタ車らしいところだった。

No image

インテリアでは7人乗りのセカンドシートにアームレスト、オットマン付きのキャプテンシートを設定。これは『アルファード』のラグジュアリー性を象徴するアイテムとなった。

ほかにも木目パネル、間接照明、オプティトロンメーター、スーパーライブサウンドシステムなどの装備や、レーンモニタリングシステム、音声ガイダンス機能付きカラーバックガイドモニター、ブラインドコーナーモニターといった機能もいち早く設定されていた。

No image

搭載エンジンは2.4リットルの4気筒2AZ-FE型、3リットルのV6の1MZ-FE型を搭載。H∞TEMSと呼ばれる、減衰力を非線形で制御しながらモード切り替えが可能なサスペンションも投入されるなど、上級クラスの高級ミニバンの新時代を切り開いたクルマだった。

島崎七生人

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加