萩原みのり“萌”、裏切られた闇堕ち演技に「最高に怖かった」

萩原みのり“萌”、裏切られた闇堕ち演技に「最高に怖かった」

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2021/07/22
No image

Kis-My-Ft2・北山宏光主演の『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京系、毎週水曜24:00~)の3話が7月21日に放送。ネット上では、夏川萌(萩原みのり)が闇に堕ちていく様子に心苦しくなる声が多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

【動画】『ただ離婚してないだけ』の最新回を視聴する

同ドラマは、本田優貴による人気コミック「ただ離婚してないだけ」(白泉社)が原作で、結婚生活7年目を迎えた“ただ離婚してないだけ”の冷え切った関係の夫婦が、夫の不倫をきっかけに、罪が罪を招く、史上最も恐ろしい不倫サスペンス。北山は、主人公・フリーライターの柿野正隆を演じ、中村ゆりが、妻・雪映を演じる。

中絶してから正隆に連絡を無視され、萌はパニックになる。ある日、産婦人科に行くと、待合室に雪映の姿があった。彼女に話しかけると、不妊治療をしているという。萌はさらに平静を失っていく。

正隆は街で萌とすれ違う。ふと気づき、彼女の背中を見つめるが、萌は振り返らない。そこに彼女から連投のメッセージが。「やっと正隆さん見れた」「なんで連絡くれないの」「なんで私じゃダメなの」……。

雪映から浮気や浪費について指摘され「これ以上自暴自棄にならないでよ。過去は忘れて、もっと自分を大切にして」と言われた正隆。じつは、仕事を辞めたあと、酒を飲んで自暴自棄に。その頃に子供ができたが、流産してしまった過去があるのだ。

雪映は「生き直してよ。あなたにはあなたの人生があるじゃない」「私はあなたを絶対に見捨てない」と抱きしめ、キス。2人はベッドで愛し合った。正隆は萌に別れのメッセージを送る。彼からのLINEを見た萌は自傷行為を……。

雪映との一件で正隆は前を向き始めていた。彼女の前でも、以前のようなおだやかな性格となっていた。

産婦人科で妊娠を告げられた雪映。そこにやつれた萌が。彼女に妊娠したことを報告すると「そうなんですか……。おめでとうございます」と笑顔で返された。

その日の夜、自宅に萌がやってくる。生気をなくしている彼女は「正隆さん久しぶり」と正隆を抱きしめた。正隆が拒絶すると、家の中を歩き回り「ヤって、ヤってヤリまくったのに……。私は正隆さんの何だったの?」と怒り、とうとう包丁をふりかざす。自分だけ子供を堕ろさせて、なぜ妻はいいのかと、雪映に包丁を向ける。

ネット上では、正隆の前では明るかった萌の変化に​​「闇堕ちした萌が怖すぎた」「産婦人科待合室とか最悪過ぎる」「最高に怖かった」とのコメントがあった。

次回は7月28日に放送。正隆と萌は包丁の奪い合いの末……。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加