【ボート】多摩川SG 秦英悟が準優進出を懸けて気合十分 2走で11点条件を突破だ

【ボート】多摩川SG 秦英悟が準優進出を懸けて気合十分 2走で11点条件を突破だ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/11/25
No image

2走11点勝負に気合を見せる秦英悟

「チャレンジカップ・SG」(25日、多摩川)

早くも予選最終日に突入する。3日目を終えて、4走オール3連対の辻栄蔵が得点率トップに立った。準優進出ボーダーを5・20と想定すると、上位の7人が無事故完走で当確という状況にある。

予選ラストの注目は2走11点条件の秦英悟(36)=大阪・100期・A1=だ。3日目10Rは見せ場なく6着に終わり、悔しそうな表情も出たが、「日を追うごとに上向き。ターン回り系が良くなっている」とエンジンには手応えをつかんでいる。

「チャレンジカップはボーダーがよく分からない。目の前のレースに全力を尽くしたい」と、一心不乱に準優進出を目指す。

10月に平和島で行われたSG・ボートレースダービーでは優勝戦まで進出して2着。賞金ランキングでも23位につけており、何としても予選は突破したい。予選最終日の出番は3、12Rだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加