仙台89ERSの片岡大晴が絵本を贈呈「絵本で親子の時間を作ってもらえたら」

仙台89ERSの片岡大晴が絵本を贈呈「絵本で親子の時間を作ってもらえたら」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/08/06
No image

B1仙台89ERSの片岡大晴が6日、宮城・川崎町のキャンプ場を訪問。宮城県キャンプ協会のイベントに参加した親子約20人に絵本を贈呈した。

片岡は昨季から「空飛ぶ絵本プロジェクト」と題して、ホームゲームで勝利するたびに絵本をプレゼントしてきた。キャンプ好きで同協会のインストラクター資格も持っており「絵本を贈るきっかけになった協会の皆さんに寄贈できたのはうれしいですね」と笑顔。自身にも3人の子どもがいるだけに「絵本を通じて親子の時間を作ってもらえたら」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加