ソフトバンク甲斐「しっかり芯で」日本シリーズ1号

ソフトバンク甲斐「しっかり芯で」日本シリーズ1号

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人対ソフトバンク 2回表ソフトバンク1死、甲斐は中越え本塁打を放つ(撮影・前岡正明)

<SMBC日本シリーズ2020:巨人-ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪

ソフトバンク甲斐拓也捕手(28)が日本シリーズ1号本塁打を放った。2回1死。今村の速球を完璧にとらえると高々と舞い、バックスクリーン左に達した。「しっかり芯で打つことができました。試合終了まで気を抜くことなく集中していきます」。前日21日の初戦は3打数無安打だったが、シーズンで11本塁打をマークしたパンチ力を見せつけた。リードを4点に拡大した。今村はこの回に川島を迎えたところで降板。早々にKOした。巨人投手陣は早めの継投を強いられ、試合を優位に進めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加