青森山田MF田澤、市船主将の平良、FW宮路、FW吉田、GK田邊...22年も新潟医療福祉大に有力選手たちが進学!

青森山田MF田澤、市船主将の平良、FW宮路、FW吉田、GK田邊...22年も新潟医療福祉大に有力選手たちが進学!

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/01/15
No image

21年北信越大学サッカーリーグ1部を無敗優勝した新潟医療福祉大が22年度の入部予定選手を発表した(協力=新潟医療福祉大)。

今年も北信越王者に有力選手が進学する。高校年代“3冠”の青森山田高(青森)MF田澤夢積は、インターハイと選手権で初戦から決勝までの全試合に先発し、その突破力と献身的な守備で貢献したサイドアタッカー。インターハイでは優秀選手にも選出されている実力派だ。

名門・市立船橋高(千葉)のキャプテンで、スピードとハードワークが特長のSB平良碧規と俊足アタッカーのMF折原優介、その市立船橋との選手権千葉県予選決勝で2発のMF高足龍(流通経済大柏高)、2年時に先発として選手権全国3位のドリブラー・MF唐橋玖生(矢板中央高)も加入。馬力の強さと正確なフィニッシュワークで履正社高(大阪)のプレミアリーグ昇格に貢献したFW宮路峻輔とプリンスリーグ九州で得点ランキング2位タイの10得点をマークしたFW吉田晃盛(九州国際大付高)はいずれも注目のストライカーだ。

北信越地域の強豪校からもタレントたちが加わる。豊富な運動量と技術力でゴール前の崩しに係る左WB武原幸之介(帝京長岡高)、富山の名門・富山一高からは攻撃スキル高い10番MF中川晟と抜群の突破力を誇る左WB片山大治郎、そして丸岡高(福井)の189cmGK田邊満記はシュート反応の良さも特長の大型守護神だ。

夏の東京王者・実践学園高のDF土方飛人主将は球際の強さと気が利く動きが印象的。伝統校・習志野高(千葉)のDF細井響は“絶品”の左足や対人の強さが強みで千葉トップクラスのCBだ。1年時の選手権に先発出場している明秀日立高(茨城)MF中沢駿斗主将は、一瞬の加速力を活かした仕掛けが特長。状況判断と技術力優れるMF大熊葉薫は、2年時にゲームメーカーとして前橋商高(群馬)の16年ぶりの選手権出場に貢献している。

また、推進力ある仕掛けが魅力のFW佐藤武流(学法石川高)、キープ力高いMF梅本翔有(札幌大谷高)、大型ストライカーのFW佐藤慧真(聖光学院高)、“東北の技巧派軍団”聖和学園高(宮城)のいずれもスキル高いMF蛭田匠とMF志賀銀河が加入。加えて、サイドからの仕掛けがウリのMF猿橋光(佐野日大高)、身体能力の高さが魅力のFW河合建汰(大森学園高)、ミスの少ないSH井上慶次朗とゲームメーク力と得点力も備えたFW山口伊歩輝(ともに金沢学院大附高)、そして主務の椛澤琴音(帝京長岡高)も入部予定リストに名を連ねている。

Jクラブユース出身の実力者たちも強豪で挑戦。エネルギッシュな右SB中野創介とU-15日本代表歴を持つテクニカルなレフティーMF高橋安里(ともにFC東京U-18)、スピードとテクニックを兼ね備えたMF上之平暉羅、50m走5秒台の快足FW加藤大誠(ともにジュビロ磐田U-18)、速さもある182cmCB吉村侑大と安定感高い183cmGK加澤宙也(ともにツエーゲン金沢U-18)、シュート反応の良さが特長のGK阿部大(松本山雅FC U-18)も医福大へ進学する予定だ。

以下、新潟医療福祉大の入部予定選手

▼GK

田邊満記(丸岡高)

加澤宙也(ツエーゲン金沢U-18)

阿部大(松本山雅FC U-18)

▼DF

中野創介(FC東京U-18)

平良碧規(市立船橋高)

片山大治郎(富山一高)

武原幸之介(帝京長岡高)

細井響(習志野高)

吉村侑大(ツエーゲン金沢U-18)

土方飛人(実践学園高)

井上慶次朗(金沢学院大附高)

▼MF

田澤夢積(青森山田高)

高橋安里(FC東京U-18)

折原優介(市立船橋高)

中川晟(富山一高)

高足龍(流通経済大柏高)

唐橋玖生(矢板中央高)

中沢駿斗(明秀日立高)

上之平暉羅(ジュビロ磐田U-18)

大熊葉薫(前橋商高)

梅本翔有(札幌大谷高)

蛭田匠(聖和学園高)

志賀銀河(聖和学園高)

猿橋光(佐野日大高)

山口伊歩輝(金沢学院大附高)

▼FW

宮路峻輔(履正社高)

吉田晃盛(九州国際大付高)

加藤大誠(ジュビロ磐田U-18)

佐藤武流(学法石川高)

河合建汰(大森学園高)

佐藤慧真(聖光学院高)

▼主務

椛澤琴音(帝京長岡高)

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加