松坂桃李「子供の頃1人でアニメにアフレコしてた」演じ分けに絶賛の声

松坂桃李「子供の頃1人でアニメにアフレコしてた」演じ分けに絶賛の声

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/11/25

【モデルプレス=2022/11/25】嵐の二宮和也、俳優の松坂桃李、桐谷健太、Sexy Zoneの中島健人が、24日放送のTBS系『櫻井・有吉THE夜会』(毎週木曜よる10時~)に出演。アニメの昔話の即興アフレコを披露した。

No image

(写真 : 松坂桃李 (C)モデルプレス)

【写真】松坂桃李、戸田恵梨香との交際を誰にも言わなかった理由

◆松坂桃李「子供の頃1人でアニメにアフレコしてた」

「子供の頃、1人遊びでアニメに勝手にアフレコしてたんですよ」「(テレビの)音消して、1人でそこに向かって声入れてたんですよ」と明かした松坂は「皆さんでアフレコをやろうかな」と企画を持ち込んだ。

別部屋に用意された特設ブースに移動し、松坂が見本として映像に合わせて声を変えながら1人で3役演じ分けると、スタジオからは「すご~い」と拍手が起きた。『さるかに合戦』のアフレコ前には蜂役の有吉が「(蜂の)生まれは?」と質問し、松坂は笑いながら「兵庫です」と答える細かい役作りの場面も。

声を変えていくうちに、老人のような声色となると「全員60歳くらい」「声カスカス」とスタジオからツッコミが。アフレコを終え松坂は、「楽しい、やっぱみんなでやると楽しい、1人でやってたからね」と笑顔になっていた。

豪華な俳優陣によるアフレコに、ネットは「豪華すぎて感動した」と話題に。「全員年寄りになるのジワジワくる」「アフレコ、単体で売れるレベル!」とクオリティの高さに驚きの声があがった。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加