ドイツ、新型コロナ死者が10万人突破 感染急増で次期政権に難題

ドイツ、新型コロナ死者が10万人突破 感染急増で次期政権に難題

  • ロイター
  • 更新日:2021/11/25

[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツの新型コロナウイルス感染による死者が25日、10万人を突破した。新規感染者は急増しており、次期政権の難題になりそうだ。

No image

11月25日、ドイツの新型コロナウイルス感染による死者が10万人を突破した。新規感染者は急増しており、次期政権の難題になりそうだ。ザクセン州ピルナで24日撮影(2021年 ロイター/Matthias Rietschel)

ロベルト・コッホ研究所のデータによると、パンデミック(世界的大流行)発生以来の累計死者数は10万0119人となり、この日発表された新規感染者数も過去最高の7万5961人を記録した。

24日に連立樹立を発表した次期政権は、日々の感染状況を評価する専門家チームを設置すると明らかにした。

与党の一角を占める緑の党のベーアボック共同党首は、新政権が10日間でさらなる制限措置の必要性を判断すると述べた。

ドイツはワクチン接種率が68.1%と、ポルトガル、スペイン、フランスなどの欧州諸国に比べて大きく遅れているため、ショルツ次期首相はワクチン接種を強化する方針を掲げ、接種義務化も否定していない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加