国学院大、初出場勝利!山本ダンテ武蔵が逆転呼ぶソロ&猛打賞/全日本大学選手権

国学院大、初出場勝利!山本ダンテ武蔵が逆転呼ぶソロ&猛打賞/全日本大学選手権

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/09

全日本大学野球選手権第3日は9日、神宮球場などで2回戦6試合が行われ、初出場の国学院大(東都)が富士大(北東北)に4―2で逆転勝ちし、準々決勝に進んだ。今春リーグ戦で本塁打と打点の2冠に輝いた山本ダンテ武蔵外野手(4年)がソロ本塁打を含む3安打2打点の活躍で勝利に導いた。慶大(東京六大学)、関学大(関西学生)、上武大(関甲新)福井工大(北陸)、福岡大(九州六大学)も勝ち上がり、8強が出そろった。

■ベンチの空気一変

新たな歴史を刻んだ。山本ダがソロ本塁打を含む3安打2打点の活躍。チームを初出場勝利に導き「何とかチーム(の流れ)を変える一打を打ちたいと思っていた」と声を弾ませた。

0-2の六回2死、2安打に抑えられていた富士大先発・金村が投げた外角高めの直球を捉え、左中間席へたたきき込んだ。すると、掛け声も大きくなるなど重かったベンチのムードが一変。試合をひっくり返した後の七回2死一、三塁では左前適時打でリードを広げ、勝利を引き寄せた。

No image

7回、適時打を放つ国学院大学・山本ダンテ武蔵=東京ドーム(撮影・斎藤浩一)

六回表の攻撃前。グラウンド整備の時間を使い、ベンチ裏に全員が集まって円陣を組んだ。鳥山監督から「勝ちゲームのような雰囲気をつくろう」と声を掛けられると、これが転機となった。

山本ダは大阪桐蔭高時代に1学年下の根尾(現中日)らと選抜大会優勝に貢献。同校の西谷監督から「大学野球は直接人生にかかわってくるから、思い切りやってこい」とエールを送られ、国学院大の門をくぐった。今春の東都リーグでは5本塁打、17打点で最高殊勲選手に選ばれた。恩師の言葉を体現し、プロ注目の存在となった。

「ダンテが普段通りの打撃でチームを勇気づけてくれた」と鳥山監督。史上8校目の初出場優勝へ、4年生スラッガーの活躍で初出場校が好発進した。(森祥太郎)

山本 ダンテ 武蔵(やまもと・だんて・むさし)2000(平成12)年3月16日生まれ、21歳。広島県江田島市出身。小学1年生から大柿スポーツ少年団でソフトボールを始め、中学時代は瀬戸内シニアで捕手としてプレー。大阪桐蔭高では2年秋からベンチ入り。主に4番として3年春の選抜大会で優勝。同年夏は3回戦で仙台育英に敗れた。高校通算15本塁打。国学院大では1年春からベンチ入り。174センチ、83キロ。右投げ右打ち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加