カリフォルニア州がロボタクシー会社Waymoなどの有料サービス提供にゴーサイン

カリフォルニア州がロボタクシー会社Waymoなどの有料サービス提供にゴーサイン

  • TechCrunch
  • 更新日:2020/11/20
No image

カリフォルニア州でロボタクシーサービスを運用しようとしている企業は、ドライバーレス乗車を有料で提供できるようになる。ただしそのためには、不必要な官僚主義によって、提供が2年以上遅れると業界の一部で批判されている政府の承認プロセスを進める必要がある。

カリフォルニア州公益事業委員会(CPUC)は米国時間11月19日、認可を受けた企業が無人自動車を使ったライドシェアリングを有料で提供することが可能になる新しいプログラムを2件承認した。

生まれたばかりの自動運転自動車テクノロジー業界は、CPUCに対する数カ月にわたるロビー活動で無人車両によるライドシェアの運用と有料サービスを可能にする規則変更を要求してきた。今回の決定はおおむね歓迎されているがいくつか気になる点もある。

「本日CPUCが商業無人ライドシェアリングに関する規制の枠組みを承認したことを喜んでいます」とWaymo(ウェイモ)のカリフォルニアポリシー責任者であるAnnabel Chang(アナベル・チャン)氏はメールによる声明で語った。「同委員会によるこの待望の決定によって、Waymoは自社の完全無人Waymo Oneライドシェアリングサービスを地元の州で提供できるようになります。CPUCの決定は当社の最新技術をサンフランシスコに持ち込む最適なタイミングで下されたものであり、私たちのWaymo Driverをカリフォルニア州民向けのサービスに使用できることを楽しみにしています」。

運用会社は有料サービスを明日から始められるわけではない。将来のロボタクシー運用会社はCPUCとカリフォルニア州運輸局(DMV)から正式な認可を受ける必要があり、何種類かの報告義務を負う。ドライバーレスサービスの申請は、ライドシェアリングの有無によらず申請できる。

さらに参加企業は、安全計画と四半期報告書をCPUCに提出し、個々の乗車の乗降場所に関する匿名集計情報、車椅子利用可能な運行回数、受難地域に対するサービスレベルなどを報告する必要がある。他にも車両で使用する燃料のタイプや電力、走行距離と賃走距離なども提供しなくてはならない。

GM傘下のCruise(クルーズ)は、CPUCに提出したコメントの中で主要な障壁を1点指摘している。プログラムへの参加を希望する企業は、「Tier 3」通知書の形式で申請書を提出しなければならない。Tier 3プロセスによって運行認可を取得することは州の他の輸送、安全性および排気量削減の目標と矛盾するとCruiseは主張している。

「CPUCとのDMV両方から認可を得るためのプロセスには2年以上かかる可能性があり、ニーズの緊急度を踏まえるとあまりにも長過ぎます」とCruiseが提出文書に書いている。

カテゴリー:モビリティタグ:Waymo、ロボタクシー

画像クレジット:

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加