新型コロナのワクチン接種体制の確保などへ 補正予算案まとまる【岡山・岡山市】

新型コロナのワクチン接種体制の確保などへ 補正予算案まとまる【岡山・岡山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2022/11/26
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

岡山市は、新型コロナのワクチン接種体制確保の費用など、一般会計の総額で約21億円の11月補正予算案をまとめました。

岡山市の11月補正予算案は、一般会計の総額が約20億8300万円で、このうち約19億2400万円が、新型コロナのワクチン接種体制の確保や、円安などの影響による物価高騰対策に充てられています。

また、市内すべての小中学校などの特別教室にエアコンを設置する事業費、6100万円のほか、児童虐待の未然防止や早期発見につなげようと、SNSを活用した相談支援事業に約600万円を計上しています。

(岡山市 大森雅夫市長)

「児童虐待事案をどう対処するかというのは、広い範囲でできるだけできるものはやっていく。その中の一環として、今回補正予算で上げさせてもらった」

この補正予算案は、11月30日開会の11月定例岡山市議会に提案されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加