月詠みはなぜ考察意欲をかき立てるのか ユリイ・カノンに問う、ストーリーを通した音楽表現の面白さ

月詠みはなぜ考察意欲をかき立てるのか ユリイ・カノンに問う、ストーリーを通した音楽表現の面白さ

  • Real Sound
  • 更新日:2021/09/15
No image

月詠み

ボカロPのユリイ・カノンを中心に結成された物語と音楽を展開するプロジェクト、⽉詠み(ツクヨミ)が、9⽉8⽇に初のミニアルバム『⽋けた⼼象、世のよすが』をリリースした。

2020年10月10日、YouTubeに1作目の作品「こんな命がなければ」を投稿すると同時に結成を発表した月詠み。今回のミニアルバムには、そんな公開からわずか3カ月で300万回再生を突破した「こんな命がなければ」、『CDTVサタデー』(TBS系)2月度EDテーマ「ネクロポリス」、ガンプラ40周年記念映像『ガンダムビルドリアル』主題歌「新世界から」を含む全8曲が収録されている。

リアルサウンドでは今作のリリースに伴い、ユリイ・カノン本人へメールインタビュー。その回答を交えながら、ユリイ・カノン、そして月詠みの作品ができ上がるまでの話を綴る。(編集部)

(関連:

小町碧音

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加