「これはなんの卵?」FC東京の練習場に出現した青い卵の正体は...波多野の疑問にスウォビィクが名回答

「これはなんの卵?」FC東京の練習場に出現した青い卵の正体は...波多野の疑問にスウォビィクが名回答

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14
No image

FC東京のトレーニング場で不思議な卵が見つかった。選手やファンの間で話題となっているようだ。

【写真】FC東京の練習場で見つかった青い卵…正体は…

GK波多野豪は練習中にグラウンドで卵のカケラを発見したと、自身のツイッターで報告した。ターコイズのような青い殻。同じくFC東京の守護神、元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィクに訪ねたところ、まさかの答えが返ってきたようだ。

「今日エッグいのがありました!!!!!!Eggのカケラがグラウンドに落ちてました。これはなんの卵ですか??皆さん教えて下さい!!クバはダイナソーって言ってました!!まさか……」

スウォビィクの見事な切り返しに対し、ファンからは「クバかわいい」との声が。さらに「ピッコロ大魔王が産んだ卵では。。。」、「今そんな感じの怖い映画やってますよね」、「いわきFCのスタッフさんが、最近まで似たような卵を大事に育てていたような…」、「ポケモンです」のような珍回答も連投されている。

実際はムクドリの卵では、との見解が多いようだ。科は異なるが、コマドリも同じように青い卵を産み、イギリスでは大切なものを表す色として使われている。また、コマツグミの卵の青はティファニーブルーとして知られている。

この卵もFC東京に幸せを運んできたのだろうか。

7日間無料トライアル実施中!『ブンデスリーガLIVEアプリ』
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加