電柱に衝突した後、女は代車に乗るもふらついた運転...呼気から基準値超えるアルコール 札幌市北区

電柱に衝突した後、女は代車に乗るもふらついた運転...呼気から基準値超えるアルコール 札幌市北区

  • HBCニュース
  • 更新日:2021/10/18
No image

14日朝、札幌市北区で乗用車が電柱に衝突する事故がありました。
事故を起こした女は、事故後に代車を運転し、酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

14日午前7時前、札幌市北区屯田5条2丁目で、乗用車が電柱に衝突し、電柱をなぎ倒しました。
乗用車を運転していたのは、自称・札幌市北区の無職の28歳の女で、警察官が付近の人から通報を受けて現場に駆け付けると、女はすでに事故処理のレッカー車や代車を手配していました。
警察は事故処理を終え、パトカーで現場を離れましたが、後ろを走っていた女の運転する代車のライトバンがふらついていたため、停車させて再度話を聴きました。
その際、警察が女に呼気検査をしたところ、基準値を超えるアルコールが検出され、警察は事故現場から約1キロ離れた路上で、女を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。
調べに対し、女は容疑を否認しています。
警察は、女が事故を起こした際も酒が入っていたと見て調べを進めています。

10月14日(木)午後8時05分配信

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加