決定的チャンスで主審がまさかのシュートセーブ!すると...こういうことになります

決定的チャンスで主審がまさかのシュートセーブ!すると...こういうことになります

  • Qoly
  • 更新日:2021/02/21
No image

サッカーの試合に欠かせない存在である審判。プレー中に主審にボールが当たってしまうこともあるが、メキシコでは決定的な場面でそれが起きた。

クルス・アスルがトルーカ戦で決定的なチャンスを迎えた場面。ジョナタン・ロドリゲスががら空きのゴールに向けて放ったシュートは主審の足に当たって枠外へと弾き飛ばされてしまったのだ。

これにクルス・アスル側は抗議するも得点は認められず、主審は相手GKにボールを渡した。

ルールでは「ボールがペナルティーエリア内にあったか、ボールが最後に触れられたのがペナルティーエリア内であった時にプレーが停止された場合、ボールはペナルティーエリア内で守備側チームのゴールキーパーにドロップボールされる」と定められてる。

現地では主審の立ち位置を批判する声もあるようだが、クルス・アスルが最初のチャンスでがら空きのゴールにシュートを決めていればよかったはず…。

【写真】選手の「自己申告」 で誤審が覆ったサッカー界の4つのシーン

なお、試合は3-2でクルス・アスルが勝利している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加