岡田義徳、0歳次男が「RSウイルス感染症」で入院「複雑な思いでした」

岡田義徳、0歳次男が「RSウイルス感染症」で入院「複雑な思いでした」

  • モデルプレス
  • 更新日:2021/06/10

【モデルプレス=2021/06/10】俳優の岡田義徳が10日、自身のInstagramを更新。今年2月に妻である女優の田畑智子との間に誕生した第2子が「RSウイルス感染症」に感染したことを明かした。

No image

(写真 : 岡田義徳(C)モデルプレス)

【写真】田畑智子、岡田義徳からのプロポーズ秘話

◆岡田義徳、次男が「RSウイルス感染症」に

岡田は病院のベッドに横たわり点滴を打つ次男の写真と共に「昨日、下の子がRSに感染したとの事で緊急入院しました」と報告。「暫く、ぜーぜーと息をしていたのもあり病院に行くとRSですねと」と、呼吸器の感染症である「RSウイルス感染症」と診断されたことを明かした。

「入院と聞いて、妻が涙していたのが印象的で、入院して良くなるとしてもやはり、乳児にはしんどいだろうな、嫌、母は1番しんどいだろうな」と、田畑について思いをつづり「RSと言っても感染症、コロナでなかった事を喜ぶべきかと、複雑な思いでした」と発覚した当時の心境を吐露。

入院後、お見舞いに訪れたという岡田は「フガフガしていたので、抱っこしたら、嬉しそうな顔をしてくれて涙がでそうになった。痛々しい点滴の為の腕、小さいのに頑張ってるなって」と感極まった様子でつづった。そして「同じ経験をされた方、されてる方もいると思います。早く元気になりますように。。皆様もお気をつけてください」と呼びかけ「がんばれ我が子」とエールを送った。

◆岡田義徳にエール続々

今回の投稿には「1日も早い回復をお祈りしています」「早く元気になりますように」「早く家族みんなで過ごせると良いですね」「お大事にしてください」など、多くのメッセージが届いている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加