巨人・岡本の打撃に八木氏「若干ズレている」

巨人・岡本の打撃に八木氏「若干ズレている」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2021/04/08
No image

らしくない打撃が続く巨人・岡本和真 (C) Kyodo News

● 阪神 0 - 3 巨人 ○
<3回戦・甲子園>

MBSラジオ制作でニッポン放送でも放送された『阪神-巨人戦』で解説を務めた八木裕氏は、巨人の岡本和真の打撃について語った。

試合前まで打率.175と調子の上がってこない岡本は、この日も第1打席が見逃し三振、第2打席が右飛に倒れた。

右飛に打ち取られた第2打席に八木氏は「タイミングとかはある程度、合っているような感じがするんですけど、若干ズレているだけ。その微調整がどれだけできるかなというところですね」と指摘し、「あのあたりがライトではなく、センターにいくほうが調子がいいのかなという感じがしますね」と自身の見解を述べた。

岡本は続く第3打席は打った瞬間本塁打かと思われたが、あと一歩及ばず中飛。八木氏は「今のは角度的には良い角度で上がって、風もセンターに吹いているんですよ」と話していた。

岡本は8回の第4打席が一邪飛で、この日は4打数0安打だった。

(提供=MBSベースボールパーク)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加