ギアを落してもなかなか上っていかない1300DX「いつかは自分もSSSを...」と誓ったものの|1970年式 日産 ブルーバード SSS クーペ Vol.2

ギアを落してもなかなか上っていかない1300DX「いつかは自分もSSSを...」と誓ったものの|1970年式 日産 ブルーバード SSS クーペ Vol.2

  • Nosweb.jp
  • 更新日:2022/01/14
No image

【1970年式 日産 ブルーバード SSS クーペ Vol.2】【1】から続く

今回、紹介するサファリブラウンのSSSは、1970年式2ドアクーペ。実はこの車両のオーナーは、若かりし頃に510の標準車である1300DXに乗っていたそうだ。

「コラム式3速マニュアルでした。力不足で急な坂道では、ギアを落してもなかなか上っていかない。その横をSSSがスイスイと走っていくのを見て、あこがれました」と、当時を振り返る。

▶▶▶【画像22枚】走りのグレードであることを強くアピールするチェッカーフラッグ入りとなるフロントグリルやピラーベント、テールランプ下のSSSエンブレムなど

「いつかは自分もSSSを…」と誓ったものの、多忙な毎日に歳月だけが過ぎていった。そんなオーナーに転機が訪れたのは12年ほど前。旧友と再会して昔話をしているうちに510への思いが再燃。ちょうどその頃、ガレージ付きの自宅に引っ越したこともあり、群馬県のスピリットガレージで中古のSSSを手に入れたそうだ。

「屋内ガレージならコンディションも維持できるかなと思い、半ば勢いで購入しました。それから12年間、大きなトラブルは一度もありません」。

昨年にキャブレターのOHも実施し、ますます快調という愛機。ミーティングに参加したり、ふらりとドライブに出掛けたり…。憧れだったSSSはその車名のごとく、オーナーに多くの幸せを運んできているようすだ。

【3】に続く

1970年式 日産 ブルーバード SSS クーペ(KP510)

Specification 諸元

全長 4120mm

全幅 1560mm

全高 1395mm

ホイールベース 2420mm

トレッド前 / 後 1270 / 1280mm

最低地上高 210mm

室内長 1635mm

室内幅 1270mm

室内高 1115mm

車両重量 935kg

乗車定員 5名

最高速度 165km / h

登坂能力tanθ 0.479

最小回転半径 4.8m

エンジン型式 L16型

エンジン種類 水冷直列4気筒SOHC

総排気量 1595cc

圧縮比 9.5:1

ボア×ストローク 83×73.7mm

最高出力 100ps / 6000rpm

最大トルク 13.5kg-m / 4000rpm

燃料供給装置 SU型ツインキャブレター

変速比 1速 3.657 / 2速 2.177 / 3速 1.419 / 4速 1.000 / 後退 3.638

最終減速比3.900

燃料タンク容量46L

ステアリング形式リサーキュレーティングボール式

サスペンション前 / 後独立懸架ストラット式 / 独立懸架セミトレーリングアーム式

ブレーキ前 / 後ディスク式 / リーディングトレーリング式

タイヤ前後とも5.60-13 4PR

発売当時価格76.3万円

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加