連休最終日は広範囲で雨に 沖縄や奄美に迫る梅雨の足音

連休最終日は広範囲で雨に 沖縄や奄美に迫る梅雨の足音

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/05/03
No image

2021/05/03 17:54 ウェザーニュース

連休最終日の5日(水)・こどもの日は、低気圧や前線が通過して広範囲で雨が降ります。一時的な強雨や雷雨のおそれがあり、沿岸部を中心に風も強まる見込みです。

前線は日本列島を通過した後、南西諸島付近に停滞する予想で、沖縄や奄美はこのタイミングで梅雨入りとなる可能性があります。

前線通過時は強雨や雷雨に注意

明日4日(火)・みどりの日は複数の前線を伴った低気圧が発生し、日本に接近してきます。西から天気は下り坂で、夜遅くには九州で雨が降り出す見込みです。

5日(水)の朝には西日本の各地で雨が降り、午後にかけて北日本や東日本に雨のエリアが移ります。
前線の通過による広範囲での雨は、5日(水)夜遅くまでの見込みです。

長く降り続く雨ではありませんが、前線通過時は一時的な強雨や雷雨、突風に注意が必要です。
沿岸部を中心に風も強まり、横殴りの雨となることがあります。外出を予定されている方は、丈夫な傘が欠かせません。

西日本の太平洋側や東海は暖かく湿った空気が流れ込みやすく、雨雲が発達するおそれがあります。
局地的には1時間に40〜50mm程の激しい雨となるおそれがあり、総降水量が100mm程になる可能性もあるため、道路の冠水や河川・用水路の増水に注意してください。

東京都心など関東南部は南寄りの風が強めに吹いて、他のエリアよりも雨は降りにくい見込みです。
ただ、5日(水)の夜遅くから6日(木)の朝は雨の降る可能性があります。

沖縄や奄美は連休明けに梅雨入りの可能性

No image

3日(月)16時40分頃 沖縄県中頭郡読谷村

ここ数日穏やかな天気となっている沖縄や奄美には、梅雨の足音が近づいています。

5日(水)は前線の南下に伴い、強雨や雷雨のおそれがあります。
また、その後は前線が停滞しやすく、このタイミングで梅雨入りとなる見込みです。
6日(木)に梅雨入りとなれば、沖縄、奄美ともに平年よりも少し早いことになります。

明日までは晴天が続くため、日差しを有効に活用してください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加