【京都新馬戦】ラッキーモーV!福永は年間100勝達成「実戦で良さが出た」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/10/19

京都4R新馬戦(ダート1400メートル)は1番人気ラッキーモー(牡=松永幹、父アンクルモー)が中団追走から直線で力強く末脚を伸ばして2着に3/4馬身差でデビュー戦を飾った。福永は「ゲートでごねたり気難しい面がある。レースは上手に立ち回ってくれました。実戦で良さが出ました」と笑顔。鞍上は2、3Rに続く3連勝で、ルメール、川田に続く今年のJRA年間100勝を達成した。「年間の一つの目標なので達成できて良かった。今年はいい馬と出合って、中身も充実しています」と翌週に控える菊花賞へ弾みをつけた。松永幹師は「調教は動かないけど、実戦で良さが出た。ジョッキーもうまく乗ってくれた。今日はゲートが良くなくて、注意を受けたので今後は未定です」と課題も口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加