阪神ドラ1佐藤輝 初のサード守備で打球処理 “4番初打席”は空振り三振

阪神ドラ1佐藤輝 初のサード守備で打球処理 “4番初打席”は空振り三振

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

三塁手で先発した佐藤輝は1回、会沢のゴロを処理する(撮影・北村雅宏)

「阪神-広島」(2日、甲子園球場)

阪神ドラフト1位の佐藤輝(近大)が初めてサードで打球を処理した。初回2死一、二塁のピンチ。会沢の正面のゴロを捕球し、三塁ベースを踏んだ。

この日は大山がスタメンを外れ、佐藤輝がプロ初の「4番三塁」で先発出場している。

初回1死一、二塁で迎えた第1打席は野村を前に三振に倒れた。これでシーズンは44三振目だ。

フルカウントから野村がチェンジアップを投じた。佐藤輝はフルスイングしたが、バットは空を切り、空振り三振に仕留められた。その後、チームは2死満塁のチャンスを作ったが、陽川が二飛に打ち取られ、先制点を取ることができなかった。

球団第107代4番打者となった黄金ルーキー。2打席目以降に、4番としての仕事を果たすことができるか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加