【奇跡の88's韓国俳優】パク・ソジュンやキム・スヒョンなど“神世代”と崇められる1988年生まれのスターたち!

【奇跡の88's韓国俳優】パク・ソジュンやキム・スヒョンなど“神世代”と崇められる1988年生まれのスターたち!

  • SPUR
  • 更新日:2022/11/25

韓国スターのなかでも「特別な世代」としてファンから愛される“1988年生まれ”の俳優たち。というのも日本でも大ブレイクを果たした『梨泰院クラス』のパク・ソジュン(33)に、『星から来たあなた』で韓ドラフリークの心を鷲掴みにしたキム・スヒョン(34)、『梨泰院クラス』でソジュンと敵対する悪役を演じ、一躍時の人となったアン・ボヒョン(34)など、秀逸揃い! 今回はそんな伝説の通称「88line俳優」と、彼らの代表作をピックアップ。

パク・ソジュン/ドラマ、映画、CMと多方面で大活躍中

No image

photo : Getty Images

韓ドラファンで知らない人はいないであろうパク・ソジュン。『魔女の恋愛』での年下イケメン役が韓ドラマニアの心をくすぐり、以降様々なラブコメを大ヒットに導いているスターのひとり。2020年放送の壮大な復讐劇を繰り広げた『梨泰院クラス』では主人公パク・セロイに抜擢。その好演っぷりに、改めて実力派俳優として世界的に注目を浴びた。2023年には若手演技派のハン・ソヒ(28)との共演が期待されている『京城クリーチャー』が公開予定!

【誕生日】
1988年12月16日

【ドラマ代表作】
2014年『魔女の恋愛』
2015年『彼女はキレイだった』
2016年『花郎<ファラン>』
2017年『サム、マイウェイ〜恋の一発逆転!〜』
2018年『キム秘書はいったい、なぜ?』
2020年『梨泰院クラス』

キム・スヒョン/未来のスター俳優が集結した『ドリームハイ』が人気のカンフル剤に!

No image

photo : Getty Images

2007年に俳優デビューを果たしたのち、次世代のスターがこぞって出演した2011年放送のドラマ『ドリームハイ』で一気に注目を浴びたキム・スヒョン。その後、最高視聴率46.1%を達成し大ヒットとなったロマンス時代劇『太陽を抱く月』で実力を証明。翌年は『星から来たあなた』で演じた“宇宙人”の役が見事ハマり、お茶の間のスターに! 2021年には『ある日〜真実のベール』では殺人事件の容疑者となってしまう大学生を熱演し、俳優としての新たな姿を披露。

【誕生日】
1988年2月16日

【ドラマ代表作】
2011年『ドリームハイ』
2012年『太陽を抱く月』
2013年『星から来たあなた』
2015年『プロデューサー』
2020年『サイコだけど大丈夫』
2021年『ある日〜真実のベール』

チョン・ヘイン/“国民の年下彼氏”として大ブレイク

No image

photo : Aflo

2014年放送の『百年の花嫁』でデビューしたのち、2018年放送の『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』で披露したソン・イェジン(40)との最高なケミストリーで、「国民の年下彼氏」の称号をゲットしたチョン・ヘイン(34)。今年は『D.P. -脱走兵追跡官-』の待望のシーズン2の制作始動や、三池崇史監督(62)との奇跡のタッグが注目される『コネクト』が放送予定と、ジャンルを問わず活躍するヘイン。今後も要注目の俳優のひとり。

【誕生日】
1988年4月1日

【ドラマ代表作】
2017年『あなたが眠っている間に』
2017年『刑務所のルールブック』
2018年『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』
2019年『ある春の夜に』
2021年『D.P. -脱走兵追跡官-』
2021年『スノードロップ』

アン・ボヒョン/渾身の演技でヒール役に挑み、世界に名を知らしめた演技派

No image

photo : Getty Images

『梨泰院クラス』の圧倒的なヒール、チャン・グンウォン役で一躍スターの仲間入りを果たしたアン・ボヒョン。ボクシングの経験を生かした華麗なアクションも強みで、『マイネーム: 偽りと復讐』『軍検事ドーベルマン』で披露している。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍中であり、2023年はシン・ヘソン(33)とのロマンス作品『生まれ変わってもよろしく』が控えている。ドラマに加え、自身のYouTube番組「ブラボヒョン」もチェック必須!

【誕生日】
1988年5月16日

【ドラマ代表作】
2019年『彼女の私生活』
2020年『梨泰院クラス』
2020年『カイロス〜運命を変える1分〜』
2021年『ユミの細胞たち』(2022年にシーズン2が放送)
2022年『軍検事ドーベルマン』

オク・テギョン/元祖演技ドルとしてジャンルレスに活躍

No image

photo : Aflo

第二次韓流ブームで日本中を席巻した2PMのメンバー、オク・テギョン(33)。「演技ドル」の言葉が浸透する前より俳優として活動をはじめ、2010年『シンデレラのお姉さん』で演技デビュー。翌年はスヒョンと共演した『ドリームハイ』にて、アイドルだけでなく俳優としても注目されるように。その後順調にキャリアを積み、2021年『ヴィンチェンツォ』で初の悪役に抜擢され、その怪演っぷりが大好評! 今後ますます幅広い役柄で韓ドラフリークを楽しませてくれること、間違いなし。

【誕生日】
1988年12月27日

【ドラマ代表作】
2011年『ドリームハイ』
2013年『君を守る恋~Who Are You~』
2017年『君を守りたい~SAVE ME~』
2020年『ザ・ゲーム〜午前0時:愛の鎮魂歌(レクイエム)〜』
2021年『ヴィンチェンツォ』
2021年『御史(オサ)とジョイ(原題)』

イム・シワン/色褪せない不朽の名作『ミセン〜未生〜』で見せた圧巻の演技

No image

photo : Aflo

イム・シワン(33)もまたZE:Aのメンバーとして活躍する傍ら、演技者としての才能を開花させた演技ドル。韓ドラ歴史に名を刻む『太陽を抱く月』で本格的な俳優デビューを果たしたのち、2013年製作の初出演映画『弁護人』がこれまた大ヒット、さらに2014年には「ミセンシンドローム」と国民中が夢中になった名作ヒューマンドラマ『ミセン -未生-』の主人公チャン・グレ役で大ブレイク! 近年は『他人は地獄だ』『それでも僕らは走り続ける』など、スリラー、ロマンス、サスペンスと様々なジャンルの作品に出演中。

【誕生日】
1988年12月1日

【ドラマ代表作】
2014年『ミセン -未生-』
2017年『王は愛する』
2019年『他人は地獄だ』
2020年『それでも僕らは走り続ける』
2022年『トレーサー』『トレーサー2』

イ・スヒョク/モデルとして活躍したのち、俳優の道へ

No image

photo : Aflo

モデル出身俳優としても有名なイ・スヒョク(34)は、以前はずば抜けたスタイルを生かすクールな役柄が多かったけれど、近年幅広いキャラクターを演じ、視聴者をますますときめかせている。演技デビューは2011年放送の『ホワイトクリスマス』。2014年には、キス職人の異名を持つソ・イングク(35)主演のラブコメ『ナイショの恋していいですか!?』が放送。スヒョクはイングクとヒロインを巡りラブバトルを繰り広げる超エリート上司役がシンクロ率100%と話題に!

【誕生日】
1988年5月31日

【ドラマ代表作】
2014年『ナイショの恋していいですか!?』
2015年『夜を歩く士<ソンビ>』
2016年『運勢ロマンス』
2016年『ウチに住むオトコ』
2020年『ボーンアゲイン~運命のトライアングル~』
2022年『明日』

イ・ジュン/アイドルデビュー前に俳優としての実力を証明!

No image

photo : Getty Images

もとより俳優志望だったイ・ジュン(34)は、MBLAQでアイドルとしてデビューする前に俳優として活動。ハリウッド映画『ニンジャ・アサシン』でRAIN(ピ)(40)演じる主人公の子ども時代を演じ、演技力を高く評価された。2013年製作の初主演映画『俳優は俳優だ』においてアイドルとしては異例のベッドシーンに挑戦し、演者としてのプライドと圧倒的な実力を証明。今年は主演の愛憎時代劇『最愛の敵〜王たる宿命〜』で内なる復讐心と愛する者への想いで揺れ動く切ない王の演技を披露し、これまた大好評! 次回作ではどのような姿を見せてくれるのか、期待大。

【誕生日】
1988年2月7日

【ドラマ代表作】
2014年『カプトンイ 真実を追う者たち』
2015年『風の便りに聞きましたけど!?』
2016年『ヴァンパイア探偵』
2017年『適齢期惑々ロマンス〜お父さんが変!?〜』
2021年『静かなる海』
2022年『最愛の敵〜王たる宿命〜』

キム・ジェヨン/ロマンス時代劇の“刺客役”で視聴者の心も射抜く!

2013年製作の映画『君に泳げ!』にて本格的な演技デビューをしたモデル出身俳優のキム・ジェヨン(34)。ブレイクのきっかけとなったのは、EXO ド・ギョンス(29)主演のロマンス時代劇『100日の郎君様』。ナム・ジヒョン(27)演じるヒロインの実兄であることを知らず、その運命に翻弄される切ない刺客役を演じ、視聴者の心を鷲掴みに。それまでなかなか俳優として芽が出なかったことで、今後の人生に悩んでいる時期だったと様々なインタビューで語っていたこともあり、本作はジェヨンにとっても特別な作品のひとつ。今年はロマコメ女王と呼び名が高いパク・ミニョン(36)主演の『月水金火木土』に出演。ミニョンを巡りコ・ギョンピョ(32)と三角関係に! 大人がときめく良作の最新ロマンスドラマに仕上がっている。

【誕生日】
1988年9月30日

【ドラマ代表作】
2017年『LOVE ON THE BRAIN L&R~心のままロマンス~』
2018年『100日の郎君様』
2019年『シークレット・ブティック』
2019年『愛はビューティフル、人生はワンダフル』
2021年『あなたに似た人』
2022年『月水金火木土』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加