巨人戸田懐生2回0封「育成の場として」宮本コーチは侍戦メンバー入り明言

巨人戸田懐生2回0封「育成の場として」宮本コーチは侍戦メンバー入り明言

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

「リアルジャイアンツカップ」 力投する巨人戸田(撮影・足立雅史)

<リアルジャイアンツカップ:元木軍-二岡軍-阿部軍>◇21日◇東京ドーム(試合結果) 元木軍=2点 二岡軍=5点 阿部軍=1点

巨人の全軍混合の対抗戦「リアルジャイアンツカップ」が開催された。先攻、中攻、後攻で7イニング制の変則紅白戦。19日に行われたGドラフト会議で1軍経験豊富なメンバーをそろえた元木軍と、下克上をテーマに掲げた阿部軍、走攻守そろったメンバーがそろった二岡軍がガチンコ勝負に臨んだ。

◇   ◇   ◇

投手陣にとっては25日の侍ジャパン戦のメンバー入りをかけたサバイバルとなった。6月に支配下登録されたルーキー戸田懐生投手は2回無失点と好投し、敢闘選手に輝いた。宮本投手チーフコーチは強気の姿勢を評価し、平内、同戦で先発予定の直江らとともに、メンバー入りを明言。「育成の場として、侍ジャパンのレベルを見るのも勉強になると思う」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加