池江璃花子が予選1位で通過 復帰後の自己ベストも更新 女子100M自由形

池江璃花子が予選1位で通過 復帰後の自己ベストも更新 女子100M自由形

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/09
No image

予選で力泳する池江璃花子(撮影・高部洋祐)

「競泳・日本選手権」(7日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪代表選考会を兼ねて行われた女子100メートル自由形予選は、3組6レーンで登場した池江璃花子(20)=ルネサンス=が54秒30の全体1位で午後の準決勝に駒を進めた。復帰後ベスト55秒35を、予選で早くも1秒05更新した。

4日の100メートルバタフライで優勝し、リレーの派遣標準記録を突破したことで、池江は400メートルメドレーリレーの東京五輪代表に内定。この100メートル自由形は400メートルリレーの代表権が懸かっており、大会前から「1番色んな意味で楽しみな種目。どこまで自分が(タイムを)上げられるのかなって楽しみがものすごく大きい」と話していた。

東京五輪代表は、日本水連が定めた派遣標準記録を、この日本選手権決勝で突破し、2位以内に入れば個人で内定する。100メートル自由形の派遣標準記録は53秒31。同じく決勝で400メートルリレー派遣標準記録(54秒42)を突破すれば、リレーで代表入りする可能性もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加