サミュエル・L・ジャクソン「ホラー大好き」 映画『スパイラル』出演快諾

サミュエル・L・ジャクソン「ホラー大好き」 映画『スパイラル』出演快諾

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2021/07/21
No image

主人公・バンクス刑事の父親役を演じる名優・サミュエル・L・ジャクソン=映画『スパイラル:ソウ オールリセット』(9月10日公開)(C)2020 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.

スリラー映画の最高峰『ソウ』の誕生から17年。過去シリーズをアップデート&リセットした《完全なる新章》となる映画『スパイラル:ソウ オールリセット』(9月10日公開)の場面写真が大量解禁。サミュエル・L・ジャクソン出演の経緯も明らかになった。

【写真】主人公・バンクス刑事(クリス・ロック)

本作の監督を務めるのは『ソウ2~4』のダーレン・リン・バウズマン。J・ワン&L・ワネルが創造した原点『ソウ』の世界観を拡張した“育ての親”が、再びシリーズの再構築。タイトルから『ソウ』を外し、新たに『スパイラル:ソウ オールリセット』と銘打った本作。過去シリーズと関係する登場人物は一新され、ジグソウの後継者を巡る物語をリセット。全く新しい“ジグソウを凌駕する猟奇犯”が現れる。

およそ1年の公開延期を経て、今年5月12日に公開された全米ではコロナ禍にも関わらず、映画館のみでの上映を決断。全米中のホラーファンがこぞって映画館に駆け付け、初登場2週連続1位を獲得し、全米映画興行復活を象徴する1作となった。

解禁された場面写真では、本作の主人公・バンクス刑事(クリス・ロック)を筆頭に、謎の“スパイラル(渦巻き)”模様を手掛かりに、「ソウ」シリーズの醍醐味であるサイコサスペンスを追求していく様子が見て取れる。

さらに犯人であろうブタのマスクを被った人物が、影に潜みながら刑事を襲おうとしている恐怖の瞬間や、バンクス刑事の父親役を演じる名優・サミュエル・L・ジャクソンが、壁一面に“スパイラル(渦巻き)”模様が描かれた不気味な現場で、神妙な面持ちで銃を構える瞬間が収められている。今回の場面写真だけでは、本作の“謎”は解明できないが、果たしてジグソウを凌駕する猟奇犯は、一体どの人物なのか。凄惨なゲームは、もう走り出している…。

また、ハリウッドを代表するサミュエル・L・ジャクソンの出演は、世界中の『ソウ』シリーズファンを驚かせた。キャスティングについて、主演・製作総指揮を務めたクリス・ロックは、「サミュエル・L・ジャクソンをこの作品にキャスティングするために、できることは全部やってほしい!」と、スタッフに懇願したと明かしている。

渦中の人物であるサミュエルは、「俺はホラー作品が大好きなんだよね! ホラー作品から声がかかると、いつも楽しみなんだ。『ソウ』シリーズはホラーというか、すでに独自のカテゴリーを生みだしている。伝説的な作品だと思う。そんな作品の一員になれると思うと、何がなんでも引き受けたくなってしまう!」と、オファーを快諾したと言い、本作を盛り上げるために重要かつ最高な人物がキャスティングされた経緯が判明した。サミュエルがどのような形で登場するのか、なぜゲームに巻き込まれていくのか、ジグソウを凌駕する猟奇犯との対決の行方は? 公開が待ち遠しい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加