ファーストリテイリング21年8月期連結 ユニクロが国内外で回復 増収増益に

  • 繊研plus
  • 更新日:2021/10/14

ファーストリテイリングの21年8月期連結決算は、主力のユニクロの販売が国内、海外とも回復し、増収増益となった。

売上収益は2兆1329億円(前期比6.2%増)、営業利益2490億円(66.7%増)、親会社の所有者に帰属する当期利益1698億円(88%増)となった。

国内ユニクロは第4四半期(6~8月)の既存店売上高が前年実績を下回ったが、上期の好調もあり、売上収益4.4%増、営業利益17.7%増。海外ユニクロは好調な中国がけん引し、10.2%増収、営業利益は121.4%増だった。ジーユーは1.4%増収だったが、売り上げが計画を下回り、営業利益は7.6%減だった。

今期は売上収益2兆2000億円、営業利益2700億円、親会社の所有者に帰属する当期利益1750億円を計画する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加