長瀬智也「赤西仁、山下智久、木村拓哉」が霞む「器がデカい」退所劇!

長瀬智也「赤西仁、山下智久、木村拓哉」が霞む「器がデカい」退所劇!

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/05/03
No image

長瀬智也、赤西仁、山下智久、木村拓哉

長瀬智也(42)がTOKIOを脱退し、約30年にわたって所属したジャニーズ事務所を退所してから1か月が経過した。

関連:■元TOKIO長瀬智也も驚愕?ラストドラマに宮藤官九郎の人生「パクリ」問題噴出!■

4月28日発売の『週刊文春』(文藝春秋)では、長瀬の父親をはじめとする近しい関係者の証言を掲載しているほか、長瀬本人への直撃取材も行っている。

取材に応えたTBSの磯山晶チーフプロデューサーは、これまで長瀬が主演を務めた『池袋ウエストゲートパーク』、『タイガー&ドラゴン』、『うぬぼれ刑事』、そして直近の『俺の家の話』にいたるまで、長年タッグを組んできた。

磯山氏は2019年2月に長瀬から「話がある」と切り出され、芸能界を引退すると告げられたという。磯山氏は「もったいない」と引き止めたものの、長瀬はすでに決意を固めた様子で、その後も当初の思いは変わることはなかったと磯山氏は証言している。

長瀬はお世話になった関係各所への礼儀も怠ることなく、最後の日にはスーツ姿で事務所に挨拶に行くなど、「辞め方もすごく綺麗で、いい印象しか残らない」と磯山氏は語っている。

■赤西から始まったFCビジネス

これまでジャニーズ事務所を退所したタレントの多くが個人事務所を設立し、ファンクラブを開設することが定石になっている。しかし、現在のところ長瀬にその動きはないという。

「今回の『週刊文春』の記事からは、とにかく長瀬のカッコよさ、あふれる男気が伝わってくるんです。まず、多くの辞めジャニは退所後に自身のファンクラブを立ち上げています。

これは2014年2月に退所した元KAT-TUN赤西仁(36)から始まった流れですよね」(女性誌記者)

赤西のファンクラブの会員数は数万人に上り、年会費は5000円。それだけで年に1億円近くの収入になっているという。

関ジャニ∞渋谷すばる(39)、錦戸亮(36)、また山下智久(36)も、それぞれファンクラブを開設している。

「長年世話になったジャニーズ事務所を辞めて、いきなりファンクラブを立ち上げるというのは、これまでの業界的には不義理とされてきたことでした。ただ、活動の基盤を確保するためには致し方ないことで、今では普通のことになっています。しかし、長瀬はその流れには乗ってないですよね。

赤西や山下などがダメというわけでは決してないですが、長瀬はこれまでの辞めジャニとは全然違いますよね」(前同)

■錦戸には関ジャニメンバーからブーイング

『週刊文春』によると、長瀬は退所した翌日などにいきなり“新しいことを始める”などの発表をすると周囲を驚かせてしまうため、そのような準備はしていない、と語っていたという。

「これも錦戸とは180度違いますよね。錦戸は2019年9月末をもって退所し、翌日の10月1日にオフィシャルサイト、公式ファンクラブ、インスタグラム、ツイッター、YouTubeチャンネルを一気に開設しましたからね」(前出の女性誌記者)

2019年10月の『女性セブン』(小学館)では、脱退と退所が決まったとされる同年3月以降、錦戸は関ジャニメンバーがいる前で、退所後に一緒に仕事をする関係者に電話で独立後の相談をし、メンバーからも、「まだ関ジャニの一員なんやから、それはないやろ」と、錦戸への非難が上がったと報じている。

「一方の長瀬は、ファンにショックを与えないように、対処してすぐに動きを見せるようなことはなかった。

退所後に長瀬と思われるインスタグラムのアカウントが出現したのですが、それも、当初は長瀬だとわからないように立ち上げたアカウントで、数日後にようやく名前や顔を出して運用を始めたんです。これも、これまでのファン、そしてTOKIOファンのこと、関係各所に配慮してのことだったのかもしれません」(前同)

■長瀬智也は初志貫徹、木村拓哉は……

芸能プロ関係者は話す。

「最後の日に、スーツ姿でこれまでお世話になった方々に挨拶回りをしていた、というのも好印象ですよね。昨年10月末で退所した山下は、ハリウッド映画の海外ロケに参加するため、という事情があったにせよ、芸能活動自粛中に退所を強行したと言われています。長瀬が“立つ鳥跡を濁さず”を貫いた一方、山下は“濁しまくり”で去ることになったと言えるのではないでしょうか。

また、長瀬は2019年2月にTBSの磯山氏に引退を告げたそうですが、その後もまったく意思が揺らぐことはなかったといいます。周囲の意見に流されることもなく、とにかく自分のやりたいことをやっていきたい、という思いがあったのでしょう。この姿勢は、木村拓哉(48)とは一線を画しますよね」

1995年、SMAPが大ブレイクし、国民的グループになりつつある中、ジャニーズ事務所から独立するのではないかという報道が流れた。

当時、『オリジナルスマイル』や『がんばりましょう』、『どんないいこと』など、ヒット曲を連発していたにもかかわらず、メンバーの月収は数十万円。年収もとても1000万円に達しない額だったという。

「これに不満を持った木村が独立を匂わせたところ、ギャラが一気に跳ね上がったといいます。それで残留となった。

また、2016年にはSMAP解散騒動が勃発しましたが、当初、木村は中居正広(48)、稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(44)に同調し、5人一緒に退所する意思を固めていたとされます。

しかし、木村は妻で歌手の工藤静香(51)に説得され、意見をひるがえし、事務所に残留することを決めたといいます。それが、現在に至るまでの木村とそれ以外の4人の断絶につながっていると言われています。一方、長瀬は、退所の2年も前に恩人に宣言した自分の意思を貫き、関係各所としっかり話し合いを持ち、TOKIOメンバーにも完全に了解を得て退所することになったわけですからね。

そう考えると長瀬は、赤西、錦戸、山下、木村とは全然違う。作品によっては、俳優、歌手としての活動もゼロではないといいますから、今後、長瀬がどのような動きをするか、とても楽しみですよね」(前同)

ジャニーズ事務所の枠に収まらなかった大スケールの男・長瀬智也の今後に注目が集まる!

出川哲朗、マリエ「島田紳助枕暴露」から1か月――「大激怒している」!!

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加