佐野史郎、腎臓機能障害でドラマ降板「プロの俳優として恥ずかしい」

佐野史郎、腎臓機能障害でドラマ降板「プロの俳優として恥ずかしい」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/04
No image

俳優の佐野史郎(66)が、腎臓機能障害による体調不良のため、出演中のTBS系ドラマを降板する。

4日、ドラマの公式サイトで発表されたもので、第4話から平田満(67)が代役を務める。

公式サイトには佐野からのメッセージも掲載され、「このたび、思いもよらぬ腎臓機能障害の発見により、急きょ、入院せざるをえない状況となり、水口武史役を続投することが出来なくなってしまいました」と状況を説明。

「プロの俳優として恥ずかしい限りです」と思いを吐露し、「愛する水口武史役を平田満さんが快くお引き受けくださるとうかがい、大変ありがたく、うれしく、心より感謝いたしております」と平田に感謝の言葉。

「視聴者のみなさまはもちろんのこと、ドラマに関わるすべてのみなさまの幸せにつながるよう、心より願っております。ワタクシも、少しでも関わらせていただいた者として、快復に向けてご利益にあやかりたいと思っております」と前向きな言葉とともに、「このたびは、大変申し訳ございませんでした!!」と締めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加