カバーニ、バルセロナに2度売り込み...拒否されてた

カバーニ、バルセロナに2度売り込み...拒否されてた

  • Qoly
  • 更新日:2020/09/15
No image

パリ・サンジェルマンとの契約が満了となり、現在フリーエージェントの状態にあるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ。先日はバレエ団を訪れた映像が話題になった。

動画を見たい場合はここをタップ!

この投稿をInstagramで見る

劇場に立っていても違和感がない!気品がある男だ…。

彼はこれまでアトレティコ・マドリーやベンフィカ、チェルシーなどとの噂があったものの、今のところ具体的な話には進んでいない。

今回『Deportes Cuatro』が伝えたところによれば、カバーニ側は先週バルセロナに2回売り込みをかけていたものの、それが拒否されていたとのこと。

バルセロナは現在ルイス・スアレスを放出する予定であるが、その後釜としては若い選手を必要としており、ラウタロ・マルティネス、あるいはメンフィス・デパイを希望しているとのこと。

もしこの二人の獲得に失敗した場合、あるいは可能性があるかもしれないが…という状況だそう。

カバーニの獲得を今最も熱望しているのはアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督であるそうだが、給与の額が高すぎるために交渉に至っていないよう。

【関連記事】Jに来て!今季でフリーになる「本当にすごい20選手」

そして具体的にオファーを出しているのは今のところベンフィカのみであるが、こちらも条件があまり高くはないためにマーケット最終日まで保留する予定だとか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加