<妊活体験記>「あれ?」最後の排卵チェックで異変が...?

<妊活体験記>「あれ?」最後の排卵チェックで異変が...?

  • ベビーカレンダー
  • 更新日:2023/01/25

Instagramにて自身の体験談マンガを発信されているこいあともまやさん。34歳のときに夫となる「すんさん」と出会い、35歳で結婚。年齢のことも考え、結婚を決めてからは妊活に励むことに。しかし、妊活は予想以上に過酷で……。

現在は第一子をご出産し、息子さんを育てているこいあさんの妊活体験談をご紹介いたします。

これで最後

妊活に励むもののなかなか実を結ばず、2人は不妊治療をするのかどうかを話し合うことに。

その中でこいあさんは、すんさんから言われた「不妊治療で子どもを授かれたとして、金銭的に余裕がなくなってしまったら、子どもに大変な思いをさせてしまうのではないか」という言葉に、自身の過去を重ねて、改めて「親になること」について考えさせられることとなりました。

そして、「子どもが欲しい」と思うことは自分のエゴかもしれない。それでもやっぱりすんさんとの子どもが欲しい――そう答えを出したこいあさん。

2人が事前に決めていたタイムリミットまであと少し。不妊治療はせず、2人で最後まで走り続けることに決めたのですが……。

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

妊活は入籍するまでの1年と決めていた2人。タイムリミットまでまもなくというタイミングになり、ちょうど買っていた排卵チェッカーは最後のひとつ。これを最後に……とこいあさんが試してみると、最後の排卵チェッカーはなぜか反応しませんでした。

予備の排卵チェッカーもなく、タイムリミットも迫っていたため、「こういう運命だったんだ」と現実を受け止めたこいあさん。2人の中では妊活に区切りをつけ、結婚式に向けてに気持ちを切り替えていました。

「子どもは期待できないかも」という思いも頭の片隅にあったこと、最後の排卵チェッカーがまさかの反応で拍子抜けしてしまったことから、この結果に「悲観的にはならなかった」と振り返るこいあさん。受け入れるというのは決して簡単なことではないと思いますが、お互いを思い合って次の目標へ……という2人の空気感は、本当に素敵だなと感じます。

監修/助産師 松田玲子

こいあさんのマンガは、このほかにもInstagramなど更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

ムーンカレンダーサイトはこちら!

著者:マンガ家・イラストレーター こいあ

福岡県在中アラフォー。SNSで妊活やPMDDの体験談を発信してます。
うちの猫動画と自作のシュール系ショートアニメにも挑戦中。人生ブレまくってます。

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加