「反ワクチン気運を高めてしまう」オーストラリア移民相が語ったジョコビッチ強制送還の本当の理由

「反ワクチン気運を高めてしまう」オーストラリア移民相が語ったジョコビッチ強制送還の本当の理由

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2022/01/15
No image

news.co.auによると、オーストラリアのアレックス・ホーク移民相が、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の入国ビザを再度キャンセルした理由が法廷の文書で明かされたという。ホーク移民相が語った理由は以下の通り。

「ジョコビッチ氏がオーストラリアに滞在することで、市民の健康を危険に晒すリスクが高まるかもしれない。彼の存在が国内でワクチン接種を拒んでいる人々にとって、反ワクチン気運を高めてしまう恐れもある。その他のワクチンを接種していない人たちも、打たない方向に流れてしまう。そしてワクチンのブースター接種を受ける人も減ってしまうだろう」

コロナ陽性発覚後に対面でのインタビュー取材を受けるなど、その行動も人々に与える影響が大きいと考えているようだ。

「さらにジョコビッチ氏が過去にコロナウイルスの検査で陽性を示した後に、隔離義務を無視したという証拠がある。ジョコビッチ氏のスポーツ界と地域社会におけるロールモデルとしての高いステータスにより、オーストラリアにこれ以上滞在することで、コロナ陽性が判明した後に求められる行動を無視するケースを増長させるかもしれない。特に、コロナ検査の後に人々の健康を守るための行動をとれなかったことは、他の人々へ多大な悪影響を及ぼす恐れがある。彼の行動は、他の人々の健康を害する深刻なリスクがある」

ジョコビッチが自身の入国の正当性を訴える機会として、日曜日にヒアリングの場が設けられる。その翌日には、ジョコビッチのオーストラリアン・オープンの1回戦が組み込まれている。

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加