さらば青春の光が猫の「会長」写真集で好感度回復狙う

さらば青春の光が猫の「会長」写真集で好感度回復狙う

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/01/15

お笑いコンビ、さらば青春の光が15日、東京都内で写真集「さらば青春の光の会長はねこである」(星海社、税込み1500円)の発売イベントを行った。同コンビが立ち上げた個人事務所で「会長」を務める猫(マンチカンのオス、4歳)の初写真集で、生後9カ月のハチワレ猫(メス)の「専務」とじゃれ合っている姿などが収録されている。

自身たちではなく会長の作品になった経緯について、社長の森田哲矢(40)は「せめて猫なら売れるんじゃないかと思って。おっさんの写真集を誰も買わないので」と自虐的に説明。発売から約1カ月で4000部を売り上げており、「会長のおかげでちょっとだけ好感度が上がった」と感謝した。

No image

ねこポーズで写真集をアピール=東京・渋谷

昨年、女性問題を起こした相方の東ブクロ(36)は、もともと犬派で猫が苦手だったというが「今はめちゃくちゃかわいい」とアピール。しかし、森田が「基本、女性以外に興味を持たない」とスキャンダルをイジって笑わせた。

報道陣から「猫と女性はどちらが好き?」と問われた東ブクロは「それは違う好きですから」と回答。女性問題が解決したかの質問には「うん…今日は猫の話なのですみません」と明言を避け、「僕のことを嫌いな方に写真集を見てもらえたら、(嫌悪感が)マイルドになると思います」と〝会長効果〟での好感度回復を願っていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加