RISE QUEENミニフライ級王座決定戦 AKARI「ボコボコにして私がベルトを巻く」

RISE QUEENミニフライ級王座決定戦 AKARI「ボコボコにして私がベルトを巻く」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/06/24

立ち技打撃格闘技「RISE159」(24日、後楽園ホール)の前日計量が23日、都内ホテルで行われ、メインのRISE QUEENミニフライ級(49キロ以下)王座決定戦3分5R無制限延長に臨む同級1位AKARI(19=TARGET)は48.85キロ、同級2位erika(SHINE沖縄)は48.95キロでともに1回目でパスした。

No image

<第2代RISE QUEENミニフライ級王座決定戦>前日計量をクリアしたerika(左)とAKARI

3月に現役引退を発表した寺山日葵(21=TEAM TEPPEN)が保持していたベルトをかけての一戦。現在のランキングはAKARIが1位でerikaが3位だが、昨年12月の対戦で延長の末に判定勝ちしているerikaは「圧勝してチャンピオンになりたい」と宣言。AKARIも「ギリギリでは意味がない。圧倒的な差を見せつけて次のステップに進みたい」と意気込んだ。

今春、高校を卒業し、「キックに集中する時間が増えた」というAKARI。「リベンジ戦でもあるし、何回も目の前にありながら、ずっと手が届かなかったベルトを自分のものにしたい。あすはボコボコにして私がベルトを巻きます」と豪語した。

※erikaは名前の後ろにハートマーク

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加