目黒蓮「どっちがタイプ?」と聞かれて「もちろん...」 2年ぶり「滝沢歌舞伎」会見ロングレポート

目黒蓮「どっちがタイプ?」と聞かれて「もちろん...」 2年ぶり「滝沢歌舞伎」会見ロングレポート

  • AERA dot.
  • 更新日:2021/04/08
No image

4月8日開幕の舞台「滝沢歌舞伎 ZERO 2021」の第1部「ひらりと桜」の衣装で会見に登場したSnow Manの9人。(前列左から)向井康二、ラウール、岩本照、目黒蓮、渡辺翔太(後列左から)佐久間大介、深澤辰哉、阿部亮平、宮舘涼太。向井のボケに大笑いするメンバー(撮影/写真部・加藤夏子)

Snow Man主演の「滝沢歌舞伎 ZERO」が本日4月8日から、およそ2年ぶりに上演される。チケットは即完売、多くのファンが入手できずに嘆くほど人気の舞台だ。4月7日に行われたゲネプロと初日前会見からレポートする。

■映画は20億円を超えるヒット

故・ジャニー喜多川氏が企画・構成・総合演出を務め、滝沢秀明の主演舞台としてスタートした「滝沢演舞城」を経て生まれた、和のエンターテインメント「滝沢歌舞伎」。滝沢の引退を受け、2019年から、滝沢秀明演出・Snow Man主演で「滝沢歌舞伎 ZERO」として新たなスタートを切った。

歌舞伎だけでなく、ダンス、歌、名物の腹筋太鼓といったパフォーマンスか満載の第1部約75分と、鼠小僧次郎吉が姿を消した江戸の町を舞台に芝居が繰り広げられる第2部約50の、2部構成の舞台だ。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、舞台での公演を断念。代わって公開された映画「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」は興行収入20億円を超える大ヒットとなった。

そして今年。およそ2年ぶりに舞台「滝沢歌舞伎 ZERO 2021」として、いよいよ本日4月8日から上演が始まる。その初日前会見が、4月7日、東京の新橋演舞場で行われた。(以下、詳しく公演内容に触れる部分があります)。

■ラウール「キワキワでした」

白と青の衣装に身をまとったSnow Manの岩本 照、深澤辰哉、ラウール、渡辺翔太、向井康二、阿部亮平、目黒 蓮、宮舘涼太、佐久間大介の9人が、元気のよい挨拶とともに舞台に姿を見せる。

レポーターに2年ぶりの劇場公演の初日を前にした気持ちを問われ、代表して答えた岩本の「この状況下で無事に初日を迎えられることを本当に楽しみにしていますし、たぶん実際にお客さんが入って、ってなったらその状況は今の想像をはるかに超えるトリハダものだなと思っているので、本当にゾクゾクするくらい楽しみにしています」という言葉から会見が始まった。

「ゲネプロの最後では、ステージに立っている喜びをみなさんから感じましたが、ラウール君は特に感極まっているような感じがした」と言われたラウールは、メンバーから飛ぶ「そうなの?」の声に「やめてくださいよ」と言いつつも、「キワキワでした」と照れ笑い。泣きそうなキワキワかと重ねて問われ、「うれしいなという思いが強いですね。本当に久しぶりなので。とにかくうれしいです」とまっすぐな答えで会場を湧かせた。

第1部は、これまで通り大量の桜吹雪が舞う「ひらりと桜」で幕を開けるが、今年はその桜がピンクではなく、鮮やかなブルーに変更されている。その意味を問われた岩本は、「いまの状況で本当に最前線で戦ってくださっている医療従事者のみなさまへの感謝とエールの思いを込めまして、『滝沢歌舞伎ZERO 2020 The Movie』から、青に」変えたと説明。300万枚の青桜は圧巻だ。

■ダテサマ、キューブアゲマス

続く「みなさんのお気に入りのシーンは?」との質問には、深澤が「ちなみにどこがお気に入りでしたか?」とレポーターに質問返し。「聞きたい」の声がメンバーから次々に上がる。「My Friend」でのキューブのフライングが気になった、との答えにメンバーが一斉に、そのパフォーマンスを見せた宮舘を見ると、宮館が「お目が高いですね。ありがとうございます」と礼を述べて会場を湧かせる。

空中に浮かぶキューブに腕と足の力だけでぶらさがって行なうパフォーマンスだけあって、「劇場入りさせていただいてからは、毎朝必ず、キューブとともに練習するようにしているので、日々、キューブのパフォーマンスのレベルが上がっていけばいいなと思っております」と毎日欠かさず努力を続けてきたことを明かした。その宮館を、深澤が「これはなかなか他のメンバーではできないんじゃないですか」と称えると、向井も「そんなダテサマ(宮舘)、チョットコッチキテクダサイ。キューブアゲマス」と、J.Y. Parkのものまねで称賛。ラウールが手を叩いて大笑いするなか、宮舘が「特大キューブをもらっているんですよ」と応じる一幕も。向井が「どこかしらの媒体使ってね。頼むよ!」と笑いを誘ってさらに盛り上げた。

■佐久間と阿部の女形、目黒のタイプは?

同じお気に入りシーンの質問を「阿部チャングンソク何かありますか?」と深澤に振られた阿部は、「阿部チャングンソクってあだ名やめてもらっていいですか」と頬をふくらませながらも、「僕と佐久間は今年も女形に挑戦させてもらっていて、客席のみなさんをうっとりさせられるような舞ができたらいいなと思いながら舞わせていただいております。ぜひ注目してください」と自身の演目「桜の舞」をアピール。

その舞で渡辺とともに男性役を務める目黒が、「二人がすごい綺麗で、こっちも気持ちをしっかりのせてお芝居できています。すっごい気持ちいいです」と称賛すると、ラウールから「めめ(目黒)はぶっちゃけ、どっちがタイプ?」との質問が。すかさず佐久間がそっと肩からかけたストールをはだけてアピールすると、目黒は佐久間を見つめて「もちろん! ……阿部ちゃんですね」と視線を阿部にスライドさせ、大きな笑いを誘った。照れた阿部が手のひらでパタパタと顔をあおいで熱を冷ます仕草をする一方、佐久間が大げさに肩を落としてみせると「いや、どっちもきれいですけどね」とフォロー。

さらにレポーターから、目黒と阿部がキスをしているかのような振りが含まれることについて、どうですか?と問われると、「(その振りは)映画からやらせていただいて、あの、すごくきれいな顔してるなって。恥ずかしいですけどね。はい」と照れた顔を見せた。

■向井と渡辺、お揃いの歯ブラシたて

続けて、ハードな公演のなか、こんなことをして乗り切っているという特別な何かがある方がいたら教えてほしいという質問には、向井に「あるんじゃない? しょっぴー(渡辺)」と振られた渡辺が回答。

「僕は今回、楽屋が向井康二さんと一緒で。疲労感もあるなかで、康二くんが楽屋グッズを買ってきてくれるんです。で、おそろいの歯ブラシ立てを僕に買ってきてくれて。うれしかったんですけど、ちょっと鳥肌が止まらなかった」

「おい! なんや今のオチ!」と怒ってみせる向井に、「逆にちょっとモチベーション下がっちゃったかなっていうのはありましたね」と真顔で冗談を披露する渡辺。向井は「喜んでたやろ!」と拗ねながらも、「いますぐ変面で顔変えたい。わかる人にはわかるね」と自身が出演する演目「変面」のアピールも忘れなかった。

■ラウールが語る深澤の注目ポイント

そんななか、ラウールから「僕は深澤くんの注目ポイント見つけました」との発言が飛び出し、注目が集まる。「歌舞伎メイクをしたあとに、すぐ落としてダンスシーンがあるんですけど、深澤くん全然メイク落ちてない。歌舞伎で緑のメイクをしてるんですけど、緑の顔のまま出てくるんです」との暴露に、「それは違うんです。肌質です。ラウールとそりゃ違うわ!」と、ラウールとの11歳の年齢差を自虐ネタで返す深澤。「10代と20代じゃ肌質違いますからね」との佐久間のツッコミに、「ラウ(ラウール)はすーっと落ちるわけです。僕は、うっ、うわー、うーっって、削るようなイメージです」と仕草つきで説明。向井が「Snow Manのイチオシポイントということで」とまとめ、阿部が「いいのか?」と笑わせた。

■10トンの雨の中でダンス

第1部ラストの、「組曲」から「花鳥風月」にかけては、10トンもの水を使用して雨を降らせる演出がある。水浸しの床でのダンスシーンに、レポーターが「怖くないですか? 転ばないか心配で」と尋ねると、深澤が向井に「康二しゃべってるようで内容あることしゃべってないから、(この質問に答えて)しゃべっていいよ」と振る。ところが、向井が「あ、しゃべっていい?」と嬉々として話そうとした瞬間、渡辺が「でも怖くないよね?」とカットイン。「汗だくで体に熱が入っている状態なので、浴びたときにこうサウナの水風呂みたいで。整うんですよね」と語る渡辺の後ろで、深澤と向井が、「俺じゃないの?」「お前だよな?」の仕草をオーバーに繰り返す。「俺ちゃうんかい、しゃべるの! まあでもわかる。整う感じはわかる」とツッコみながらも同意した向井は、「でもその水が、組曲とダンスを激しくしてくれる。自分、踊ってんなって」と、水によってパフォーマンスが上がっていることを明かした。

■舞台はお客さんがいて始まるもの

続けて佐久間が「水の量がすごいので途中溺れますね。降ってくる水で溺れます。雨とかがあたるところにわざと行って濡れちゃえ、みたいな」と語ると、向井が、「濡れに行くと言えば、昨日のてる兄(岩本)、水がここらへんやけど」と体の30センチほど前を指し、「自分でこうやって行ってたよね?」と水をかきわける仕草をしながら、岩本が自ら水に当たる位置に移動したことを暴露。「まあ水とともに踊ろうかなって」とクールに答えた岩本に、周囲から、「素敵ー!」の冷やかしが飛び、岩本が「やめてよ」と照れる。「Snow Manは自分らでちゃんと気持ちをほめあおうという精神でやっていますね」(向井)という、仲の良さとチームワークを強く感じさせる会見は、岩本がファンへの意気込みとメッセージを語って幕を閉じた。

「デビューさせていただいてから一発目の舞台がこの『滝沢歌舞伎ZERO』で本当にありがたいなと思いますし、舞台はお客さんがいて始まるものだと明日みんなで感じられると思うので、本当に1公演1公演を大切に、今のこのご時世のなかだけど、エネルギーとか笑顔、その輪をたくさん広げていけるようにみんなで一丸となって一歩ずつ進んでいきたいなと思っております。どうぞ楽しみに、お気をつけて劇場まで足を運んでいただけたらなと思います」

■阿部のキレ芸も

ほか、しっとりと歌声を聴かせ「僕らは一人じゃない」のフレーズが響く新曲「One Heart」をはじめ、舞台では初披露となる「九剣士」、「Black Gold」など、第1部もまだまだ見どころが満載だが、第2部の芝居「満月に散る鼠小僧~『残した夢は、笑いあり、涙なし』~」には新しいキャラクターも。岩本扮する岡っ引きの新吉と「同じ岡っ引きで最近帳簿係から現場復帰した安兵衛」や、「あの世に行っちまった」と明かされるあべぞうの代わりに登場する「ここにきて今年は俺が犬」など見逃せない。

さらに、自分たちで演出の提案をしたというだけあって、新たに「ちょ待てよ!」のセリフが飛び出す場面や、メンバーで最も温厚な阿部さんの「キレ芸」が見られる場面など、ファンが一層楽しめる内容や、細かな演出の変更がふんだんに盛り込まれている。

「滝沢歌舞伎 ZERO 2021」に関しては、4月26日発売の「AERA2021年5月3-10日号」でも、本誌独占写真とともにさらに詳しく紹介する。「滝沢歌舞伎 ZERO 2021」は4月8日~5月16日まで東京・新橋演舞場、6月2日~27日まで愛知・御園座で上演予定。

(編集部・伏見美雪、文中一部敬称略)

※AERAオンライン限定記事

伏見美雪

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加