前半終了 アマ河本力が2位に3打差つけ折り返し

前半終了 アマ河本力が2位に3打差つけ折り返し

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

1番でティーショットを放つアマチュアの河本力(代表撮影)

<国内男子ゴルフツアー:日本オープン>◇第3日◇17日◇千葉・紫CCすみれ(7317ヤード、パー70)◇賞金総額1億5750万円(優勝賞金3150万円)◇無観客開催

最終組が前半9ホールを終え、首位で出たアマチュアの河本力(20=日体大)は、2バーディー、ボギーなしの33で回り、通算7アンダーで折り返した。

9番パー4では、7メートルのバーディーパットを強気に打ち、ピンに当ててねじ込んだ。降り続く雨と寒さの影響で、多くの選手がスコアを落とす中、2つ伸ばし、2位に3打差をつけて後半に突入した。

2位で通算4アンダーの谷原秀人とアマチュアの杉原大河(東北福祉大)が、追う展開となっている。内藤寛太郎が通算3アンダーで4位、谷口徹が同2アンダーで5位につけている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加