報ステに2年目の渡辺瑠海アナ抜てき 成蹊大法学部卒、特技はドラム演奏

報ステに2年目の渡辺瑠海アナ抜てき 成蹊大法学部卒、特技はドラム演奏

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

テレビ朝日系「報道ステーション」に出演する渡辺瑠海アナウンサー

テレビ朝日は21日、10月期からの「報道ステーション」(月~金曜午後9時54分)の出演者を発表し、2年目の渡辺瑠海アナウンサー(24)を抜てきした。渡辺アナは2020年入社。同局午前の情報ニュース番組「大下容子ワイド!スクランブル」でも鍛えられてきた。

同局の発表によると、今後の報ステ新体制は、月~木曜日までの4日間は元NHKキャスターの大越健介氏(59)とテレビ朝日の小木逸平アナウンサー(47)が担当。金曜日は富川悠太アナウンサー(44)と徳永有美アナウンサー(45)のコンビで担当する。

富川アナウンサーは月~木曜に現地リポーターとして大きなニュースや特集などの取材も行う。

また、現在、月・火曜日のコメンテーターとして出演している共同通信の太田昌克氏は10月以降、サンデーステーション(午後9時)に出演する。

◆渡辺瑠海(わたなべ・るみ) 1997年(平9)4月22日生まれ。新潟県出身。小千谷高校、成蹊大学法学部政治学科卒。2020年テレビ朝日入社。「大下容子ワイド!スクランブル」などに出演。同局公式ホームページによると、幸せを感じるときは、好きな音楽を聴いているときと愛犬と遊んでいるとき。好きな言葉は「笑う門には福来る」。趣味は「韓流ドラマを見ること」とサッカー観戦、散歩。特技はドラムの演奏。156センチ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加