「甲斐拓也がカギ」里崎智也&福留孝介が侍J注目プレーヤーを推薦!配球面で「必要以上にリスペクトしない」と諭した強打者とは――

「甲斐拓也がカギ」里崎智也&福留孝介が侍J注目プレーヤーを推薦!配球面で「必要以上にリスペクトしない」と諭した強打者とは――

  • THE DIGEST
  • 更新日:2023/01/25
No image

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第1回優勝メンバーの里崎智也氏と福留孝介氏が1月25日、WBC日本代表の全試合をライブ配信する『Prime Video(プライム・ビデオ)』の記者会見に登場した。『Prime Video』の解説者として登場した両氏は、栗山英樹監督率いる侍ジャパンに熱いエールを送った。

まず里崎氏は、今大会の見どころについて「優勝するところを見るだけ」と力強く語り、「(日本は)ベスト4を外したことはないが、でもベスト4には力だけでなく運も左右されるなかで、どちらが勝つか分からない試合になる。そこから世界一になるのを見るだけです。これを起爆剤として野球人気を全国にアピールしてほしい」と野球人口の裾野を広げる意味も込めて、世界一を願った。

そのなかで、里崎、福留氏の2名が侍ジャパンの注目選手を問われた。里崎氏は自身が捕手出身ということもあり「甲斐がキーになる」と述べ、侍ジャパン正捕手候補の甲斐拓也(ソフトバンク)を挙げた。

第1回大会の優勝捕手は「僕はキャッチャーなので、やっぱり甲斐がカギになるんじゃないかなと思います」と捕手のパフォーマンスが勝敗のカギを握ると説明し、扇の中心の重要性を力説した。

「2006年は僕、2009年は城島健司(当時シアトル・マリナーズ)、2013年は阿部慎之助(巨人)、2017年は小林誠司(巨人)と、この大会においてはキャッチャーが全員打っているんですよね。甲斐選手が打てるかどうかで、下位打線の厚みを増すためにも鍵になってくる」

里崎氏は配球面についても、必要以上に相手をリスペクトする必要はないという。「メジャーでも、(エンジェルスの)トラウトや有名選手が出るが、所詮は人間。10割打つわけじゃない。必要以上にリスペクトしないこと。選手の実績や背景より、今を見て攻めるときは攻める。引くときは引くというジャッジをして、名前負けしないようにいけるかが勝負」と語り、強豪国としのぎを削った名捕手はそう強調する。
一方の福留氏は、チームの主砲として期待される山川穂高(西武)と岡本和真(巨人)を挙げ、その打棒に期待を込める。

「メジャーリーグ組の大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)、鈴木誠也(シカゴ・カブス)、吉田正尚(ボストン・レッドソックス)みんなが打ってくれるに越したことはないですけど、警戒されている中で、ゲームに出る人が重要。誰がどこを打つか分からないが、点を取れる打線が作れるとチームの試合運びはラクになる。特に右バッターですし、気にしています」

はたして栗山監督は、本大会でどんな采配を見せるのだろうか。2009年以来の世界一を目指す侍ジャパンは3月9日、東京ドームで中国代表と初戦を迎える。

取材・文●湯川泰佑輝(THE DIGEST編集部)

【関連記事】韓国メディアが侍ジャパン有利を指摘!WBC準々決勝のスケジュールに異議「韓国の休養は1日だけ」

【関連記事】侍ジャパンが「史上最高」。米敏腕記者が日本の快進撃を期待する理由「オオタニはWBCで最大の目玉となる」

【関連記事】「最強打者=4番打者」という日本の価値観ではない起用法を。大谷翔平の二刀流、WBCでの“理想の使い方”を考察

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加