Appleの位置情報検索機能「探す」がサードパーティー製品に対応、対応製品も発表される

Appleの位置情報検索機能「探す」がサードパーティー製品に対応、対応製品も発表される

  • GIGAZINE
  • 更新日:2021/04/08
No image

2021年4月7日に、Appleが位置情報検索機能「探す(Find My)」にサードパーティー製品の位置情報検索する機能を追加しました。同時に、「探す」に対応した完全ワイヤレスイヤホンや落とし物タグといったサードパーティー製品も発表されています。

Appleの「探す」ネットワークで、新たに他社製のアイテムを見つけることが可能に - Apple (日本)

https://www.apple.com/jp/newsroom/2021/04/apples-find-my-network-now-offers-new-third-party-finding-experiences/

Appleが提供する位置情報検索機能「探す」は、ユーザーが所持するデバイスや友達の位置情報を検索できる機能です。Appleは2020年に開催された「WWDC 2020」で、「探す」機能をサードパーティー製品向けに開放することを予告。そして2021年4月7日に、サードパーティー製品の位置情報検索に対応した「探す」が公開されました。

No image

「探す」機能には世界中で動作している数千万台のApple製デバイス同士のネットワークが用いられており、オフライン状態の端末の位置情報も検索することができます。Appleによると、Appleによる認証バッジ「Works with Apple Find My」を付与されたサードパーティー製品は、Apple製デバイスによって構築されたネットワークに参加し、位置情報検索サービスを利用できるとのこと。

Appleが発表したオフラインの端末でも位置を突き止められる「Find My」機能の仕組みとは? - GIGAZINE

No image

また、デバイスを紛失してしまった場合は、音声を鳴らして見つけやすくしたり、デバイスを「紛失モード」に切り替えてロックをかけたり、デバイスに連絡用の電話番号やメッセージを表示させたりすることも可能です。

No image

さらに、Appleは「探す」に対応した3種類の製品も発表しています。落とし物タグの開発で知られるChipoloは、「探す」に対応した落とし物タグ「Chipolo ONE Spot」を2021年6月にリリース予定。

No image

Belkinからは、「探す」に対応した完全ワイヤレスイヤホン「SOUNDFORM Freedom True Wireless Earbuds」が2021年春に登場する予定です。

No image

そして、VanMoofから登場している電動自転車「VanMoof X3」と「VanMoof S3」も「探す」に対応しています。

No image

サードパーティー製品に対応した「探す」は、記事作成時点でリリース済みだったので実際に確認してみました。「探す」を起動すると、新機能紹介画面に「さまざまな持ち物に対応」と記されています。

No image

画面下部には、「持ち物を探す」という項目が追加されていました。

No image

なお、Appleはサードパーティー向けに「探す」のテストアプリを公開しているので、今後も「探す」に対応したサードパーティー製品の登場が期待できそうです。

Appleが「探す」機能にサードパーティ製品を対応させるためのアプリ「Find My Certification Asst.」を公開 - GIGAZINE

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加