「NASA政権」国民に信を問え 対中政策は腹くくり国益第一で 論説委員長・乾正人

「NASA政権」国民に信を問え 対中政策は腹くくり国益第一で 論説委員長・乾正人

  • 産経ニュース
  • 更新日:2020/09/17

永田町の住人は、ローマ字で語呂合わせをするのが、大好きだ。

中でも傑作なのは、平成の初め、強力な権力を握っていた竹下派に対抗するため結成された「YKKトリオ」だ。

Yは山崎拓、2つのKは加藤紘一と小泉純一郎の頭文字からとっているが、ご存じの通り、天下を取ったのは小泉ただ一人。小泉の「YKKは友情と打算の二重構造だ」という“名言”は、今も心に残る。

菅義偉政権には、「NASA政権」と名付けたい。麻生太郎政権発足前も「NASAの会」はあったが、その時のNは中川昭一だった。新たなNASAのNは二階俊博、Aは安倍晋三、Sは菅、最後のAは麻生の頭文字で、「安倍1強」体制から権力分散型の「四頭政治」に変化する可能性があるからだ。

病気による前首相の緊急降板という非常事態下で、小泉元首相がぶっ壊したはずの「古い自民党」の遺伝子が、派閥の合従連衡によるボス選びという形で目を覚ましたのである。菅首相誕生の流れを決定づけた二階幹事長が「田中角栄最後の愛(まな)弟子」であることは、偶然ではない。

党役員人事や閣僚人事に、小泉流の「サプライズ(驚き)」がなく、派閥均衡型にならざるを得なかったのも驚かない。前首相の弟だけでなく、元家庭教師も入閣させた首相の義理堅さには少々感心したが。

組閣前日の早い時間に、すべての閣僚が「新聞辞令」で明らかになることなど、小泉や安倍政権の全盛時代には思いもよらなかった。

裏を返せば、従来の政策を継続する限りにおいては、自民党総裁選で戦った岸田、石破両派を除く5派閥に支えられ、安定した政権運営が期待できる。

一方で、菅首相が総裁選で訴えた役所の縦割り打破や規制改革を本気でやろうとすれば、派閥均衡型の権力構造が足かせとなろう。

最も懸念されるのは、外交である。本人が語るように首脳外交は得意分野ではない上に、米中対立が日を追って激しくなっており、政権内部の足並みもそろっていない。二階幹事長が親中派であり、習近平国家主席の国賓訪日を積極的に働きかけ、中国が進める一帯一路構想にも賛同しているのは周知の事実である。これに対し、内閣の要である麻生副総理は、外相時代に「自由と繁栄の弧」政策を提唱したように中国と距離を置いている。安倍前首相は、トランプ米大統領と個人的信頼関係を築いた上、中国とも関係改善を図るという離れ業を演じたが、すぐに継承するのは難しい。

政権発足の経緯からも幹事長の影響力が増しており、下手をすれば、中国批判を強めるトランプ政権との関係悪化もあり得る。

ここは腹をくくって国益外交に取り組んでもらいたいが、安倍外交が評価を受けたのも政権基盤が安定していたからこそである。その源が、国政選挙での勝利にあったのは、論をまたない。

菅首相は、衆院解散・総選挙に慎重な構えを崩していないが、急がば回れ。コロナ禍が小康状態にある今こそ国民に信を問うべきであろう。来年までの短期政権でいい、というのであればお勧めしないが。

No image

初閣議を終え菅義偉首相(前列中央)とともに記念撮影に臨む新閣僚ら=16日午後、首相官邸(春名中撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加