旗手怜央が右サイドバックでの2ゴールで考える自分の武器と個性。「ポジションがどこであっても、ゴール前に顔を出すことはできる」

旗手怜央が右サイドバックでの2ゴールで考える自分の武器と個性。「ポジションがどこであっても、ゴール前に顔を出すことはできる」

  • Sportiva
  • 更新日:2023/01/25

旗手怜央の欧州フットボール日記 第14回連載一覧>>

カタールW杯で感じた将来の課題/後編

◆【画像】セルティックほか、2022-23 欧州サッカー注目チーム フォーメーション

前編「日本代表の戦いを見て感じたこと」>>

レアル・マドリードと戦ったチャンピオンズリーグ(CL)や、カタールW杯を見て、自らのこれからの課題を感じたという旗手怜央。再開したリーグでは右サイドバックを初体験しながらも、その課題を克服するべく奮闘。その様子を語ってくれた。

◆ ◆ ◆

No image

昨年末のリーグ戦で、右サイドバックながら2ゴールを挙げる活躍を見せた旗手怜央

【課題はゴール前の質】

カタールワールドカップには出場できなかったが、同じく世界中の怪物と言われる選手たちが集うUEFAチャンピオンズリーグの舞台を、今シーズン経験して感じたことがあった。

それはセルティックも、レアル・マドリードやライプツィヒを相手にゴール前まではボールを運べるということだった。加えて回数に差はあれ、シュートで終わることもできていた。

ただし、グループステージでは1勝もできずに敗退したように、突きつけられたのはその先、ゴール前における"最後の質"だった。

今季のリーグ戦においても、自分がアタッキングゾーンに顔を出す回数は増えてきているように思う。一方で、そこでシュートで終わる、さらにはゴールやアシストといった結果に結びつけることができていなかった。

カタールW杯でリオネル・メッシやキリアン・エムバペといったエースたちが、ゴールという結果でチームを勝利に導いていく姿を見て、なおさら実感するところがあった。

だから、W杯で中断していたリーグ戦が再開し、2試合目となる12月21日のリヴィングストン戦を終えたタイミングで、僕はセルティックの監督であるアンジェ(・ポステコグルー)さんの部屋をノックした。

自分がさらに成長するために、課題を聞きにいくためだった。部屋を訪ねると、アンジェさんはこう言ってくれた。

「レオがさらに成長するために必要なのは、アタッキングサードでの質を高めていくことだね」

自分自身でもその課題に目を向けていただけに、アンジェさんの言葉を聞いて、確信を持てた。

これは余談だが、試合後の会見でアンジェさんは僕が毎日、コーチのもとを訪ねていると語ってくれたが、それは試合の翌日に映像を見せてもらうためのものだ。アンジェさんは自らアドバイスしたことを明かすのではなく、会見で自分の努力とコーチの仕事ぶりを称えてくれた。そうした周囲への気配りや信頼が、監督として、人として尊敬できるところでもある。

まさか、その直後に右サイドバック(SB)で試合に出場することになるとは思ってもいなかったけど......。

【右サイドバックで2ゴール】

あれは、アドバイスを求めにいった直後だった。セルティックはケガ人が出たのもあり、右SBの人材が足りなくなっていた。

「次の試合はどのようなメンバーで試合に臨むのだろうか」
「やっぱり、左SBの選手が代わりを務めるのかな」

僕自身はそんなことを考えていたが、ミーティングが終わると、アンジェさんに声をかけられた。

「レオ、右SBでいけるか?」

一瞬、驚いたが、チームのためになるのであればと思い返事をした。

「できなくはないと思います」

連戦だったこともあり、ほぼぶっつけ本番だったが、12月24日に行なわれたセント・ジョンストン戦で、自分は右SBとして先発出場した。

これまで左SBでプレーした経験はあったが、サイドが変わるだけで細かい動きやポジショニングは全く異なる。

練習では常に監督やコーチの指示に耳を傾け、自分に言っている言葉や自分のポジションのことだけではなく、すべてのポジションの選手に伝えている内容を聞き、把握するように意識している。それもあって、アンジェさんが右SBに要求していることを思い出し、やるべきプレーを頭に叩き込んで試合に臨んだ。

それにポジションが右SBであっても、"ゴール前の質"を追求してプレーしていくのに変わりはない。そう思って臨んだ試合で、僕は2得点を記録することができた。

セント・ジョンストン戦の14分に決めた先制点は、思いきりよく放ったシュートだった。自分が目を向けているゴール前での質を追い求めた結果、あの場面ではシュートを「打っていい」と判断したことがゴールにつながった。

52分に決めた2点目は今シーズン、ずっと取り組んでいるアタッキングサードに入っていく動きにプラスして、やはりゴール前での質を発揮できた。

セルティックは今季ここまで、相手に引かれて守備ブロックを作られ、それを崩せずに苦しむ試合が多かった。そのため、ニアゾーンの裏に走る動きがポイントになっていた。そう感じていた課題にトライした結果、生まれた追加点だった。

【自分の武器や個性につながる】

2022年最後の試合となった12月28日のハイバーニアン戦にも右SBで出場したが、この試合では、(古橋)亨梧くんにアシストすることができた。僕が出したパスは少し浮いてしまったが、それを確実に収めて、決めてくれたのはさすがだった。

これも今シーズン意識している、ボールを持ったら「まず最前線にいる亨梧くんを見る」ことで生まれたゴールだった。これまで亨梧くんには、いくつも似たような状況でパスを狙っていたが、ようやくゴールという結果に結びつき、亨梧くんからも「やっとレオからのパスを決めることができた」と言ってもらえた。

ポジションがどこであっても、プレーの幅を広げていけば、ゴール前に顔を出すことはできる。そして、ゴール前での質をより追求していくことで、結果を残せる。それが武器や特徴になり、自分にとっての強烈な個性になると、今は考えている。

旗手怜央
はたて・れお/1997年11月21日生まれ。三重県鈴鹿市出身。静岡学園高校、順天堂大学を経て、2020年に川崎フロンターレ入り。FWから中盤、サイドバックも務めるなど幅広い活躍でチームのリーグ2連覇に貢献。2021年シーズンはJリーグベストイレブンに選ばれた。またU-24日本代表として東京オリンピックにも出場。2021年12月31日にセルティックFC移籍を発表。2022年1月より、活躍の場をスコットランドに移して奮闘中。3月29日のカタールW杯アジア最終予選ベトナム戦で、A代表デビューも果たした。

text by Harada Daisuke

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加