鎌田大地に期待する新たなトップ下像とは?サッカー日本代表4-2-3-1再挑戦のカギ【コラム】

鎌田大地に期待する新たなトップ下像とは?サッカー日本代表4-2-3-1再挑戦のカギ【コラム】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/09/23
No image

【写真:Getty Images】

●サッカー日本代表は4-2-3-1に再チャレンジか

サッカー日本代表は23日、キリンチャレンジカップ2022でアメリカ合衆国代表と対戦する。4-2-3-1の布陣に再チャレンジする可能性もあり、必然的に鎌田大地が攻撃のキーマンに挙がる。所属するフランクフルトで結果を残し続ける鎌田を、日本代表でどのように活かすべきなのだろうか。(取材・文:元川悦子【デュッセルドルフ/ドイツ】)
——————————————————–

「(カタール)ワールドカップ(W杯)に挑むに当たって、4-1-4-1(4-3-3)、4-2-3-1、そして6月のガーナ戦終盤に試した3バックをオプションとして持っていきたい。明日の試合は4-2-3-1か4-1-4-1という形で臨みたいと考えています」

日本代表の森保一監督が22日の前日会見でこう語った通り、23日のアメリカ合衆国代表戦では最終予選序盤までベースにしていた4-2-3-1に再チャレンジする可能性が高まった。

「相手がトップ下気味でやっているのであれば、2ボランチ気味の方が攻撃時にボールを動かしやすい。ボールを奪った後にトップ下が1つ起点になれるメリットもある。守備に関しても、2ボランチ気味の方がブロックを敷いた時に安定する感じがする」と攻守の要・遠藤航も前向きに評している。ただ、この形が機能するか否かはトップ下の出来次第と言える部分も少なくなさそうだ。

その大役を担うと見られるのが、今季リーグ4得点と絶好調の鎌田大地。ご存じの通り、2021年10月の最終予選・サウジアラビア戦までは、彼がこの位置に入っていた。

しかし、最終予選序盤3戦2敗と崖っぷちに立たされたことで、森保監督がオーストラリア戦から4-3-3にスイッチ。遠藤、守田英正、田中碧の3ボランチが機能したことで、トップ下が消滅し、結果的に鎌田は出番を大きく減らした。カタール切符を手にした今年3月のオーストラリア戦でまさかの選外という屈辱を味わう形になったのである。

●鎌田大地を使うべき理由

「UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で優勝を目指せるくらいのところでやりたいというのがサッカー人生最大の目標」と公言する鎌田は、ブレることなくフランクフルトでの戦いに集中。バルセロナやウエストハムといった強敵を次々と撃破し、昨季UEFAヨーロッパリーグ(EL)制覇を経験。6月シリーズから代表に復帰してきた。

その時点ではまだインサイドハーフのサブという位置づけに甘んじていたが、今季開幕後はもう一段階飛躍。その凄まじい活躍ぶりを目の当たりにして、森保監督の考えもガラリと変わったのだろう。確かに今、絶好調の鎌田を使わないのは、日本にとっての損失と言わざるを得ないほどである。

「トップ下は僕ができるいいポジションだと思う。ただ、自分はそれ以外のポジションでもある程度、いいクオリティでできる自信がある」と本人も余裕を見せており、苦境に陥った1年前とは心身両面で全く違った状態にいるのは間違いない。

そこで、日本代表が鎌田を生かし、彼自身も生きる道を考えてみると、1つは従来通り、トップ下でタメを作ってゲームメークをメインにする形だろう。今回は大迫勇也、浅野拓磨という最終予選で1トップを担ってきた面々が離脱中で、最前線には古橋亨梧か前田大然といったスピード系が陣取る可能性が高い。

前田が「大地君は一発で前を向けるので、そのタイミングで僕が背後に抜けたりするとチャンスになると思う」とイメージするように、鎌田がラストパスの出し手として輝けば、日本のゴールチャンスは確実に増えるのだ。

●鎌田大地が活きるもう1つの形

そういう期待は右サイドのエース・伊東純也も抱いていること。「(大地たちに)いい形でボールが入れば裏に出してくれる。そこは狙っていきたい」と期待を口にしていた。左を主戦場とする南野拓実にしても、18日のランス戦でエンボロの縦パスに抜け出し、新天地初ゴールを奪ったが、鎌田とのコンビなら似たようなシーンが訪れるかもしれない。鋭い戦術眼を誇る鎌田であれば、そういったプレーは十分可能なはずだ。

しかしながら、ここ最近の彼を見ていると受け手としての仕事ぶりも目立つ。鋭い動き出しからゴールも量産している。

「昨年は『何をしてもゴールが遠いな』っていう時がありましたけど、今はゴールやアシストが続いているのでなんか入っちゃう。そういうシーズンもあるし、取れるうちにいっぱい取りたいと思います」と17日のシュツットガルト戦後も語ったが、今の鎌田はゴールの枠が大きく見えている状態なのかもしれない。

だからこそ、彼をフィニッシャーとして活かすのも一案ではないか。その場合は南野や伊東が中寄りでプレーして敵を引き付けて鎌田のマークを外したり、スピード系FW陣が囮になって彼をゴール前に走らせるといった連係が必要になってくる。それと同時に遠藤、守田らボランチ陣が縦への意識もより高めることも重要。それは守田も自覚する点だ。

●鎌田大地に期待する新たなトップ下像

「自分はスポルティングという縦に速いチームに行ったので、スピードのある選手や裏抜けする選手にいいボールを配球できるという自信はより持っているし、うまく生かしてあげたいという気持ちもあります」と言うように、鎌田にゴールを取らせるイメージも描いているはずだ。

フランクフルトでコンビを組むマリオ・ゲッツェが示すような工夫やサポートを日本代表の面々も踏襲できれば、鎌田は間違いなく輝きを増す。そのうえで、彼が新たなトップ下像を築ければ、2か月後のW杯本番にも希望が見えてくる。そうなることを森保監督も強く願っているだろう。

鎌田にとって朗報なのは、今回のアメリカ戦にはフランクフルトの同僚であり大先輩の長谷部誠が帯同すること。彼はどうすれば鎌田のよさを最大限引き出せるかを周囲に伝えてくれるだろう。その援護射撃は本当に心強いし、他のメンバーもやりやすくなる。そういう意味でもアメリカ戦は本当にチャンスなのだ。

トップ下候補には、同じく好調の久保建英も控えている。それゆえに、鎌田にしてみれば、ここで明確な結果と存在感を示したいところ。4-2-3-1のキーマンの動向に注目しつつ、重要なテストマッチを注意深く見守りたい。

(取材・文:元川悦子【デュッセルドルフ/ドイツ】)

【了】

元川悦子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加